文化放送

鎌田實×村上信夫 日曜は頑張らない

鎌田 實
鎌田 實
(かまた みのる)

医師・作家。1948 年東京生まれ。
東京医科歯科大学医学部卒業。
37年間、医師として地域医療に携わり、チェルノブイリ、イラク、 東日本の被災地支援に取り組む。2009 年ベスト・ファーザー イエローリボン賞(学術・文化部門)受賞。2011年日本放送協会 放送文化賞受賞。
ベストセラー「がんばらない」をはじめ、「なさけないけどあきらめ ない」「ウェットな資本主義」「アハメドくんのいのちのリレー」 「希望」(東京書籍) など著書多数。
現在、諏訪中央病院名誉院長。

村上 信夫
村上 信夫
(むらかみ のぶお)

1953年、京都生まれ。
元NHKエグゼクティブアナウンサー。
2001年から11年に渡り、『ラジオビタミン』や
『鎌田實いのちの対話』など、
NHKラジオの「声」として活躍。
現在は、全国を講演で回り「嬉しい言葉の種まき」を
しながら、文化放送『日曜はがんばらない』
月刊『清流』連載対談などで、新たな境地を開いている。
各地で『ことば磨き塾』主宰。
http://murakaminobuo.com

番組へのメッセージをお待ちいたしております。 メールはコチラ:kamata@joqr.net

2018年11月12日

11月11日 第333回放送 

11月11日。東日本大震災から7年8か月が経過しました。月命日の11日には岩手
宮城、福島の3県で行方不明者の捜索が警察署ごとに実施されています。今回は鎌田さ
んと村上さんが東北に行き見聞きした事や東北への想いをゲストと共に語り合います。

宮城県石巻市のグループから「心の復興活動」の一環として「大人の為の絵本朗読会」
を依頼された村上さんが出向いた会場は「レジリエンスバー」という不思議なカフェ。
レジリエンスとは、困難な状況にも関わらず、しなやかに適応して生き延びる力という
意味があり、復元力、回復力とも訳されます。会場の1階は大正時代からの地元地方紙
「石巻日日新聞」が運営する「石巻ニューゼ」で、館内には震災翌日から発行した号外
の手書き「壁新聞」と被災直後の石巻市、東松島市、女川町の写真が展示されています
子どもが取材した記事を3か月に一度の11日発行する「こども新聞」も継続中です。
岩手県陸前高田市に出向いた鎌田さん。震災を機に地域医療や地域包括ケアを説き続け
た縁もあり、ケアマネジャー、訪問看護師、介護士、医師らが『陸前高田の在宅医療を
支える会』が結成され、それぞれの専門性を活かして在宅の高齢者らを支えています。
会のメンバーによる『劇団ばばば』を旗揚げして、仮設住宅や災害復興住宅の集会場で
お芝居を見て笑ってもらいながら、健康づくりや介護予防のノウハウを広めています。
後半は、福島県「浜通り」の復旧復興に関わるキーパーソンの『石川建設工業』石川俊
さんが登場。震災直後、津波で荒れた道路を整備して自衛隊などの車両が通れるように
した石川さん。震災後も南相馬市に残り被災地の医療を守り続けた高橋亨平先生の遺志
を継ぎ、市の目標に向かい再生エネルギー事業を興し、祭りの再興に尽力しています。

放送分を聴く
放送日:2018年11月11日

« 10月28日 第332回放送  | メインに戻る | 11月18日 第334回放送  »