文化放送

鎌田實×村上信夫 日曜は頑張らない

鎌田 實
鎌田 實
(かまた みのる)

医師・作家。1948 年東京生まれ。
東京医科歯科大学医学部卒業。
37年間、医師として地域医療に携わり、チェルノブイリ、イラク、 東日本の被災地支援に取り組む。2009 年ベスト・ファーザー イエローリボン賞(学術・文化部門)受賞。2011年日本放送協会 放送文化賞受賞。
ベストセラー「がんばらない」をはじめ、「なさけないけどあきらめ ない」「ウェットな資本主義」「アハメドくんのいのちのリレー」 「希望」(東京書籍) など著書多数。
現在、諏訪中央病院名誉院長。

村上 信夫
村上 信夫
(むらかみ のぶお)

1953年、京都生まれ。
元NHKエグゼクティブアナウンサー。
2001年から11年に渡り、『ラジオビタミン』や
『鎌田實いのちの対話』など、
NHKラジオの「声」として活躍。
現在は、全国を講演で回り「嬉しい言葉の種まき」を
しながら、文化放送『日曜はがんばらない』
月刊『清流』連載対談などで、新たな境地を開いている。
各地で『ことば磨き塾』主宰。
http://murakaminobuo.com

番組へのメッセージをお待ちいたしております。 メールはコチラ:kamata@joqr.net

2018年12月17日

12月16日 第337回放送 

2018年一番売れた本は80年以上前の吉野源三郎の名著を漫画化した『漫画君たち
はどう生きるか』でした。旧制中学校に通う少年が、叔父との対話を通じて貧困や差別
などの社会構造や人間関係とどう向き合って生きていくかを深く問いかける児童小説。
2位はエッセイ漫画の『大家さんと僕』で3位は児童書の『ざんねんないきもの事典』
いずれも子どもに限らず幅広い世代に支持されました。今回は「おススメの本」です。

◆『脱・呪縛』鎌田實著/こやまこいこ絵(理論社)。人生は生まれた所、育った環境
出会った人など、自ら選びようのないことにも影響される。人間は呪縛から逃れられな
い生き物か?中学生・高校生に向けて、いかに「生きづらさを生む呪縛」から自分を自
由にしていくかを説いている。偏差値ならぬ「変さ値」が大事で、自縛からの解放も!
◆『JALの奇跡』大田嘉仁著(致知出版社)。経営破たんした日本航空の再生を託さ
れた稲盛和夫さんの「奇跡」を秘書として仕えた著者が執筆。京セラの「敬天愛人」の
社是さながらに純粋な善き思いが人を動かすという「稲盛哲学」の実践物語が読める。
◆『いのちの値段~医療と費用を巡る50の物語』読売新聞医療部(講談社)。医療は
人々の暮らしのなかに影のように寄り添って存在する。だからこそ医療と医療費を巡る
現場には現代社会のゆがみが凝縮されている。そこで「いのち」と「費用」が織りなす
社会の断面を市井に生きる人々の痛みを共有しながら50の物語として描いています。
◆『才能の正体』坪田信貴著(幻冬舎)。ビリギャルの小林さやかを導いた著者は自称
「才能研究家」で、才能は誰にもあるが、開花させずに潰すことばかりしていると説き
自らの才能に気づき、伸ばす方法を伝授してくれる本。発明王エジソンの言葉に納得!

放送分を聴く
放送日:2018年12月16日

« 12月2日 第336回放送 | メインに戻る | 12月23日 第338回放送  »