文化放送

鎌田實×村上信夫 日曜は頑張らない

鎌田 實
鎌田 實
(かまた みのる)

医師・作家。1948 年東京生まれ。
東京医科歯科大学医学部卒業。
37年間、医師として地域医療に携わり、チェルノブイリ、イラク、 東日本の被災地支援に取り組む。2009 年ベスト・ファーザー イエローリボン賞(学術・文化部門)受賞。2011年日本放送協会 放送文化賞受賞。
ベストセラー「がんばらない」をはじめ、「なさけないけどあきらめ ない」「ウェットな資本主義」「アハメドくんのいのちのリレー」 「希望」(東京書籍) など著書多数。
現在、諏訪中央病院名誉院長。

村上 信夫
村上 信夫
(むらかみ のぶお)

1953年、京都生まれ。
元NHKエグゼクティブアナウンサー。
2001年から11年に渡り、『ラジオビタミン』や
『鎌田實いのちの対話』など、
NHKラジオの「声」として活躍。
現在は、全国を講演で回り「嬉しい言葉の種まき」を
しながら、文化放送『日曜はがんばらない』
月刊『清流』連載対談などで、新たな境地を開いている。
各地で『ことば磨き塾』主宰。
http://murakaminobuo.com

番組へのメッセージをお待ちいたしております。 メールはコチラ:kamata@joqr.net

2019年1月28日

1月27日 第343回放送

先々週放送の『健康に関連する数字&カタカナ言葉』は聴取者の反響からも関心の高さ
を窺い知ることができました。咀嚼や嚥下機能を回復させる「パタカラ体操」を講演先
で紹介した鎌田さんに「バカタレの方が言い易いけど」の声があがり、OK!と返答。
反響は仕事の励みになり、遣り甲斐に繋がりますから多少に係わらず歓迎いたします。
今回は『ボクたちの好きな日本人』の中から「覚えて欲しい、忘れて欲しくない人物」

村上さんが紹介する陸奥宗光。明治政府の悲願は徳川幕府が結んだ不平等条約の改正。
条約改正交渉に臨んだ外相の井上馨も大隈重信も辞任に追い込まれて陸奥宗光が登場。
1844年(弘化元年)紀州藩八百石取りの家に誕生。しかし父が幽閉の浮き身にあい
一家離散。困窮の中で勉学に励み、やがて尊王攘夷運動に参画、坂本龍馬の知遇を得て
勝海舟主宰の海軍操練所で学び「海援隊」に入隊。明治新政府に参画するが薩長の藩閥
政治に嫌気がさして下野。その後、反政府運動に加担したとして、5年間投獄される。
その山形の監獄で読書三昧。志を遂げるため妥協が必要な時は柔軟性を持つべきと改心
して、出獄後はヨーロッパへ留学。帰国後は外務省へ入省。更に満を持して外相になり
「治外法権も関税自主権も回復する完全な平等条約」を提示し列強に示した人物です。
鎌田さんが紹介する永井隆。1932年(昭和7年)長崎医科大学を卒業し放射線医学
の治療と研究に従事。放射線被曝で慢性骨髄性白血病に罹患し「余命3年」と宣告され
さらに長崎に投下された原爆でも被爆し重傷を負いながらも救護活動に尽力して、病床
から平和を訴え続けた永井博士は『長崎の鐘』や『この子を残して』など名著を遺す。
他に『武士道』の著者で教育家・思想家の新渡戸稲造、詩人の北原白秋を紹介します。

放送分を聴く
放送日:2019年1月27日

« 1月20日 第342回放送  | メインに戻る | 2月3日 第344回放送 »