文化放送

鎌田實×村上信夫 日曜は頑張らない

鎌田 實
鎌田 實
(かまた みのる)

医師・作家。1948 年東京生まれ。
東京医科歯科大学医学部卒業。
37年間、医師として地域医療に携わり、チェルノブイリ、イラク、 東日本の被災地支援に取り組む。2009 年ベスト・ファーザー イエローリボン賞(学術・文化部門)受賞。2011年日本放送協会 放送文化賞受賞。
ベストセラー「がんばらない」をはじめ、「なさけないけどあきらめ ない」「ウェットな資本主義」「アハメドくんのいのちのリレー」 「希望」(東京書籍) など著書多数。
現在、諏訪中央病院名誉院長。

村上 信夫
村上 信夫
(むらかみ のぶお)

1953年、京都生まれ。
元NHKエグゼクティブアナウンサー。
2001年から11年に渡り、『ラジオビタミン』や
『鎌田實いのちの対話』など、
NHKラジオの「声」として活躍。
現在は、全国を講演で回り「嬉しい言葉の種まき」を
しながら、文化放送『日曜はがんばらない』
月刊『清流』連載対談などで、新たな境地を開いている。
各地で『ことば磨き塾』主宰。
http://murakaminobuo.com

番組へのメッセージをお待ちいたしております。 メールはコチラ:kamata@joqr.net

2019年2月 4日

2月3日 第344回放送

「福は内、鬼は外」と言いながら豆をまく節分ですが、日本各地で「福は内、鬼も内」
と鬼を家に招き入れる地域もあります。日本の鬼は邪悪なものばかりではなく、鬼神と
いうように神様の場合もあります。転じて、病を鬼(悪)とみるか、友達として付き合
いながら生きるかによって人生も変わってくると思います。生き方を考える時に役立ち
そうな本を鎌田さんと村上さんの書庫から選んで紹介する『2人のおススメの本』です

村上さんは加藤一二三著『幸福の一手いつもよろこびはすぐそばに』(毎日新聞出版)
伝説の将棋棋士から一転「ひふみん」として芸能界でバツグンの存在感ある加藤九段。
将棋と同じように「人生にも最善の一手が必ずある」という。また「落ち込んで苦しい
ときこそ、これからやって来る幸せを想像してみるといい」そう「ひふみん」はいう。
敗けたら相手が強いのだと思うことで「落胆」ほど無益なものはないし「落胆」からは
何も生まれない。過去を悔やみ続けるのは「最善手」からどんどんかけ離れてしまう。
鎌田さんはフランスのアラン(エミール・オーギュスト・シャルティエ)の『幸福論』
「幸せだから笑うのではない、笑うから幸せなのだ」心と体は繋がっており日常の行動
や所作の中に幸福へのカギが潜んでいる。不機嫌は次から次へと人に伝染するので自分
から積極的に行動し笑顔を広めよう!と説く。アランの『幸福論』と並び世界的な名著
とされるバートランド・ラッセルの『幸福論』とショーペンハウエルの『幸福について
-人生論-』からも金言を紹介しつつ、自論である「心の探検家になろう!」と結ぶ。
他に三田完著の文春文庫『あしたのこころだ小沢昭一的風景を巡る』とビートたけし著
小学館『さみしさの研究』から「いつもいまの自分が好き、いまが絶頂期!」を紹介。

放送分を聴く
放送日:2019年2月3日

« 1月27日 第343回放送 | メインに戻る | 2月10日 第345回放送  »