文化放送

鎌田實×村上信夫 日曜は頑張らない

鎌田 實
鎌田 實
(かまた みのる)

医師・作家。1948 年東京生まれ。
東京医科歯科大学医学部卒業。
37年間、医師として地域医療に携わり、チェルノブイリ、イラク、 東日本の被災地支援に取り組む。2009 年ベスト・ファーザー イエローリボン賞(学術・文化部門)受賞。2011年日本放送協会 放送文化賞受賞。
ベストセラー「がんばらない」をはじめ、「なさけないけどあきらめ ない」「ウェットな資本主義」「アハメドくんのいのちのリレー」 「希望」(東京書籍) など著書多数。
現在、諏訪中央病院名誉院長。

村上 信夫
村上 信夫
(むらかみ のぶお)

1953年、京都生まれ。
元NHKエグゼクティブアナウンサー。
2001年から11年に渡り、『ラジオビタミン』や
『鎌田實いのちの対話』など、
NHKラジオの「声」として活躍。
現在は、全国を講演で回り「嬉しい言葉の種まき」を
しながら、文化放送『日曜はがんばらない』
月刊『清流』連載対談などで、新たな境地を開いている。
各地で『ことば磨き塾』主宰。
http://murakaminobuo.com

番組へのメッセージをお待ちいたしております。 メールはコチラ:kamata@joqr.net

2019年2月18日

2月17日 第346回放送 

21年前のきょう、長野五輪スキージャンプ団体戦で日本は大逆転の末に金メダル獲得
この時に団体メンバーから外れたのが、いまも現役の葛西紀明選手。史上最多の8大会
連続五輪出場のレジェンド・葛西がチーム監督として指導する小林陵侑選手は今季W杯
で躍進著しい期待のホープ。葛西監督のもとで開花し、いまや師匠を超えて大活躍する
彼の躍進は才能と厳しい指導の賜物とされます。今回のテーマは『才能を伸ばす』です

引っ込み思案で人見知りの村上信夫少年は、将棋なら人と話さなくていいと将棋道場へ
通い出すが、道場はさにあらず。見知らぬおじさんと対局したあと「感想を述べ合う」
その繰り返しの中で、初対面の人とも話せるようになり、将棋が拓いた人生とも言う。
世田谷の「こども将棋教室」で指導する高野秀行六段が電話出演。新刊のワニブックス
『こどもをぐんぐん伸ばす将棋思考』の冒頭に「受験や就活に勝っても、他者を思いや
れない、人望とは無縁な人間になってしまったら、人の親として、とても悲しいことで
はないでしょうか」と記し将棋にはそうならない人間磨きの要素が多々あるという話。
将棋は敗者が「負けました」と言って決着がつく唯一のゲーム。その「負けました」が
育む思いやりの心から「勝った勝った」言わなくなる小学生。言い訳をしない責任感。
教室の小学生が「待つことや我慢を覚えた」という嬉しい親の感想なども紹介します。
後半はドクター鎌田の「才能を伸ばす鎌田理論」を5つのキーワードと共に紹介します
①報酬系の快感ホルモン「ドーパミン」を出す②決断力③持続力④失敗⑤別解力です。
最後に石川真理子著『武士の子育て』(致知出版社)を紹介。江戸時代の学者・林子平
の著した『父兄訓』を現代風に読み解いた本で、知育徳育など示唆に富んだ内容です。

放送分を聴く
放送日:2019年2月17日

« 2月10日 第345回放送  | メインに戻る | 2月24日 第347回放送  »