文化放送

鎌田實×村上信夫 日曜は頑張らない

鎌田 實
鎌田 實
(かまた みのる)

医師・作家。1948 年東京生まれ。
東京医科歯科大学医学部卒業。
37年間、医師として地域医療に携わり、チェルノブイリ、イラク、 東日本の被災地支援に取り組む。2009 年ベスト・ファーザー イエローリボン賞(学術・文化部門)受賞。2011年日本放送協会 放送文化賞受賞。
ベストセラー「がんばらない」をはじめ、「なさけないけどあきらめ ない」「ウェットな資本主義」「アハメドくんのいのちのリレー」 「希望」(東京書籍) など著書多数。
現在、諏訪中央病院名誉院長。

村上 信夫
村上 信夫
(むらかみ のぶお)

1953年、京都生まれ。
元NHKエグゼクティブアナウンサー。
2001年から11年に渡り、『ラジオビタミン』や
『鎌田實いのちの対話』など、
NHKラジオの「声」として活躍。
現在は、全国を講演で回り「嬉しい言葉の種まき」を
しながら、文化放送『日曜はがんばらない』
月刊『清流』連載対談などで、新たな境地を開いている。
各地で『ことば磨き塾』主宰。
http://murakaminobuo.com

番組へのメッセージをお待ちいたしております。 メールはコチラ:kamata@joqr.net

2019年4月 1日

3月31日 第352回放送

あすから4月。新年度がスタートします。入社や転勤、転職で生活環境が大きく変わり
学生諸君は進学・進級で生活スタイルが変わります。慣れない職場や学校で体調を崩し
たり、大きなストレスを負う時季です。変化の大きいこの時季を健康のまま乗り切って
欲しいし、新年度の始まりにあわせて「健康維持のためのいい習慣」をつけて欲しい!
という願いを込めて老若男女共通『ドクター鎌田の健康アドバイス』をお届けします。

まずは、大事な臓器「血管」について。日本人の死因上位10のうち4つが脳卒中など
「血管に関係する病気」です。肺や心臓、肝臓とともに人間にとって最重要の臓器とも
言われる血管です。血管には動脈、静脈、毛細血管があります。全て合わせてその長さ
は?なんと全長10万kmで地球の赤道を2周半するほどの信じがたい長さ。更に血液
が全身を巡る速度は?およそ1分。それを可能にしているのが血管です。血管を大事に
しないと病気になるのは自明の理。血管の老化の原因の一つは酸化です。そこで酸化を
防ぐためには、野菜を食べること。国は野菜を1日350g摂るよう推奨していますが
摂りづらいので、野菜ジュースや温野菜でカサを減らして摂りましょう。更に柔らかく
若い血管で居続けるためのコツは「血糖値を上げない」こと。血糖値が高くなり糖尿病
になった人は、動脈硬化が起こりやすくなります。そのために良いのは野菜をたくさん
食べて「運動する」ことです。かかと落とし運動、スクワット、ウォーキングも血糖値
を下げる「有酸素運動」が大事です。さらに運動した後、タンパク質を摂るのが有効で
1日150gを肉や高野豆腐などで不足しがちなタンパク質を補いましょう。村上さん
が日本競輪学校(静岡県伊豆市・滝澤正光校長)で特別授業をした様子も報告します。

放送分を聴く
放送日:2019年3月31日

« 3月24日 第351回放送  | メインに戻る | 4月7日 第353回放送  »