文化放送

鎌田實×村上信夫 日曜は頑張らない

鎌田 實
鎌田 實
(かまた みのる)

医師・作家。1948 年東京生まれ。
東京医科歯科大学医学部卒業。
37年間、医師として地域医療に携わり、チェルノブイリ、イラク、 東日本の被災地支援に取り組む。2009 年ベスト・ファーザー イエローリボン賞(学術・文化部門)受賞。2011年日本放送協会 放送文化賞受賞。
ベストセラー「がんばらない」をはじめ、「なさけないけどあきらめ ない」「ウェットな資本主義」「アハメドくんのいのちのリレー」 「希望」(東京書籍) など著書多数。
現在、諏訪中央病院名誉院長。

村上 信夫
村上 信夫
(むらかみ のぶお)

1953年、京都生まれ。
元NHKエグゼクティブアナウンサー。
2001年から11年に渡り、『ラジオビタミン』や
『鎌田實いのちの対話』など、
NHKラジオの「声」として活躍。
現在は、全国を講演で回り「嬉しい言葉の種まき」を
しながら、文化放送『日曜はがんばらない』
月刊『清流』連載対談などで、新たな境地を開いている。
各地で『ことば磨き塾』主宰。
http://murakaminobuo.com

番組へのメッセージをお待ちいたしております。 メールはコチラ:kamata@joqr.net

2019年4月30日

4月28日 第356回放送 


皇位継承に伴う10連休という今年のGWです。生活への影響を防ぐため特に医療関係
では受診可能な医療機関をリスト化、また訪問看護や通所介護も全休にせずサービスを
提供する対応をとっています。そうした連休中も仕事をされている方々で、忙中閑あり
な人に息抜きとなる作品を鎌田さんと村上さんが選んで紹介する『お勧め映画』です。

まずはアカデミー賞作品賞、脚本賞、助演男優賞を受賞した米映画『グリーンブック』
グリーンブックは1966年まで毎年出版されていた黒人が利用可能な施設を紹介した
旅行ガイドブックです。黒人天才ピアニストのドクター・シャーリーと、彼に雇われた
粗野で無教養な白人運転手のトニー。出自も性格も全く異なる2人は人種差別が根強く
残る南部へ旅立ちますが、その先々でひと悶着が起きる物語です。幾重にも人間が作り
出す差別が組み込まれている社会派映画ですがユーモアもあり、友情も芽生える秀作。
2本目の『12か月の未来図』は、フランスでいま大きな社会問題となっている移民の
子供たちが直面する学力低下と教育の不平等を描いた作品です。物語は名門高校の教師
フランソワがある日突然、パリ郊外の教育困難中学に送り込まれるところからスタート
艱難辛苦を共にしながらも、ベテラン教師の意地で問題児たちと対峙し、問題を克服。
3本目は鎌田さんが推す『多十郎殉愛記』というチャンバラ映画。幕末の京都を舞台に
主人公の長州浪人多十郎は、尊王攘夷の夢もなくすが、愛する者のために太刀を振る。
4本目の『バイス』はジョージ・W・ブッシュ政権下で副大統領を務めたチェイニーを
描く社会派ドラマ。5本目の『記者たち』もブッシュ政権下でイラクのフセイン政権を
倒壊させるために仕組んだ「大量破壊兵器保持」情報に疑念を抱き追及する記者の話。

放送分を聴く
放送日:2019年4月28日

« 4月21日 第355回放送  | メインに戻る | 5月5日 第357回放送  »