文化放送

鎌田實×村上信夫 日曜は頑張らない

鎌田 實
鎌田 實
(かまた みのる)

医師・作家。1948 年東京生まれ。
東京医科歯科大学医学部卒業。
37年間、医師として地域医療に携わり、チェルノブイリ、イラク、 東日本の被災地支援に取り組む。2009 年ベスト・ファーザー イエローリボン賞(学術・文化部門)受賞。2011年日本放送協会 放送文化賞受賞。
ベストセラー「がんばらない」をはじめ、「なさけないけどあきらめ ない」「ウェットな資本主義」「アハメドくんのいのちのリレー」 「希望」(東京書籍) など著書多数。
現在、諏訪中央病院名誉院長。

村上 信夫
村上 信夫
(むらかみ のぶお)

1953年、京都生まれ。
元NHKエグゼクティブアナウンサー。
2001年から11年に渡り、『ラジオビタミン』や
『鎌田實いのちの対話』など、
NHKラジオの「声」として活躍。
現在は、全国を講演で回り「嬉しい言葉の種まき」を
しながら、文化放送『日曜はがんばらない』
月刊『清流』連載対談などで、新たな境地を開いている。
各地で『ことば磨き塾』主宰。
http://murakaminobuo.com

番組へのメッセージをお待ちいたしております。 メールはコチラ:kamata@joqr.net

2019年5月 7日

5月5日 第357回放送 

きょうは「こどもの日」ですが、赤ちゃんから年配者まで楽しめるのが「絵本」です。
その絵本を通して楽しいひと時を過ごす世代を超えた集いも各地で開かれていますので
今回は鎌田さんと村上さんが「世代を超えて支持されるお薦めの絵本」を紹介します。

1冊目は『100年たったら』文/石井睦美、絵/あべ弘士(アリス館)です。たった
ひとり広い草原に住む百獣の王ライオンは食べる動物がいなくなり虫や草を食べていた
そんなある日、ぼろぼろの翼でそろそろ寿命も終えそうな一羽の鳥がライオンのそばに
降りたったことから始まるライオンと鳥の物語。草原で出会ったライオンと鳥がたどる
はるかな時と巡る命を描いた切なくて壮大な物語です。2冊目は『インコの手紙』作と
絵/あきばたまみ(経済界)です。インコから幼い飼い主への手紙の冒頭"正直言うと
ぼくはあなたがキライです"手荒く雑に扱われたインコですが、亡くなる時に幼子の目
に涙を見て"あの涙はなに?"と問いかけます。インコが飼い主へ問う命の手紙です。
3冊目は『最初の質問』詩/長田弘、絵/いせひでこ(講談社)です。"今日あなたは
空を見上げましたか。空は遠かったですか、近かったですか。あなたにとって、いい一
日とはどんな一日ですか(略)あなたは言葉を信じていますか"と最後まで問い続ける
詩を絵本作家のいせさんが絵本として構成した作品で、新しい門出への贈り物に最適。
4冊目は鎌田さんが書いた紙芝居『かまた先生のアリとキリギリス』絵/スズキコージ
(童心社)をベースにスタッフによる「ミニミニ劇場」でお届けします。イソップ物語
では「働かざる者食うべからず」の教訓から、アリは飢えたキリギリスに食べ物を分け
与えませんが、鎌田版にはクールなアリも優しいアリも登場し、物語の展開はいかに?

放送分を聴く
放送日:2019年5月5日

« 4月28日 第356回放送  | メインに戻る | 5月12日 第358回放送  »