文化放送

鎌田實×村上信夫 日曜は頑張らない

鎌田 實
鎌田 實
(かまた みのる)

医師・作家。1948 年東京生まれ。
東京医科歯科大学医学部卒業。
37年間、医師として地域医療に携わり、チェルノブイリ、イラク、 東日本の被災地支援に取り組む。2009 年ベスト・ファーザー イエローリボン賞(学術・文化部門)受賞。2011年日本放送協会 放送文化賞受賞。
ベストセラー「がんばらない」をはじめ、「なさけないけどあきらめ ない」「ウェットな資本主義」「アハメドくんのいのちのリレー」 「希望」(東京書籍) など著書多数。
現在、諏訪中央病院名誉院長。

村上 信夫
村上 信夫
(むらかみ のぶお)

1953年、京都生まれ。
元NHKエグゼクティブアナウンサー。
2001年から11年に渡り、『ラジオビタミン』や
『鎌田實いのちの対話』など、
NHKラジオの「声」として活躍。
現在は、全国を講演で回り「嬉しい言葉の種まき」を
しながら、文化放送『日曜はがんばらない』
月刊『清流』連載対談などで、新たな境地を開いている。
各地で『ことば磨き塾』主宰。
http://murakaminobuo.com

番組へのメッセージをお待ちいたしております。 メールはコチラ:kamata@joqr.net

2019年5月27日

5月26日 第360回放送 

鎌田さんが代表を務めるJIM-NET(日本イラク医療支援ネットワーク)はイラク
の白血病の子どもたちや家族と難民の支援を続けていますが、病院に隣接する所に病児
と家族が一緒に過ごせる念願の「JIM-NETハウス」が完成。開場式に参加する為
に訪れたイラク・アルビルの現地レポートと、鎌田さん著シニア向け新刊の紹介です。

「チョコ募金」でお馴染みのJIM-NETは、日本で15年間募金活動を続けイラク
の小児病院や、内戦で傷ついた人々を支援してきました。このたび日本政府から「日本
NGO連携無償資金協力」の後押しを得て「JIM-NETハウス」が完成しました。
遠隔地や難民キャンプからアルビルの「ナナカリ病院」へ通う子どもの家族は、病院内
のソファや、古いトレーラーハウスに寝泊まりしていましたが「家族で泊まれる家」が
あればいいと考え、3階建ての20ベッドあるハウスを建設し、無料で利用できます。
ハウスには、治療や生活の相談ができる事務所を作り、プレイルームも備え、宿泊施設
と遊びや勉強の場を提供することで、子どもやその家族を精神的にも支えていきます。
また、鎌田さんが理事長のJCF(日本チェルノブイリ連帯基金)もイラク国内で既に
5つの診療所を開設。アルビルの北側フクサワにある「プライマリヘルスケア診療所」
を訪ね、積極的な予防や未病を説き、食の改善や運動推進、体組成計で意識改革を促し
高血圧や口腔ケアのヘルスプロモーションを実施してきました。後半は「筋活の勧め」
■プレゼント■鎌田實著『鎌田式「スクワット」と「かかと落とし」』を5名に進呈。
住所、氏名、電話番号を明記の上、5月31日必着で応募ください。メール、ハガキの
コメントは番組で紹介する場合もありますのでご了承ください。お便りお待ちします。

放送分を聴く
放送日:2019年5月26日

« 5月19日 第359回放送 | メインに戻る | 6月2日 第361回放送  »