文化放送

鎌田實×村上信夫 日曜は頑張らない

鎌田 實
鎌田 實
(かまた みのる)

医師・作家。1948 年東京生まれ。
東京医科歯科大学医学部卒業。
37年間、医師として地域医療に携わり、チェルノブイリ、イラク、 東日本の被災地支援に取り組む。2009 年ベスト・ファーザー イエローリボン賞(学術・文化部門)受賞。2011年日本放送協会 放送文化賞受賞。
ベストセラー「がんばらない」をはじめ、「なさけないけどあきらめ ない」「ウェットな資本主義」「アハメドくんのいのちのリレー」 「希望」(東京書籍) など著書多数。
現在、諏訪中央病院名誉院長。

村上 信夫
村上 信夫
(むらかみ のぶお)

1953年、京都生まれ。
元NHKエグゼクティブアナウンサー。
2001年から11年に渡り、『ラジオビタミン』や
『鎌田實いのちの対話』など、
NHKラジオの「声」として活躍。
現在は、全国を講演で回り「嬉しい言葉の種まき」を
しながら、文化放送『日曜はがんばらない』
月刊『清流』連載対談などで、新たな境地を開いている。
各地で『ことば磨き塾』主宰。
http://murakaminobuo.com

番組へのメッセージをお待ちいたしております。 メールはコチラ:kamata@joqr.net

2019年6月 3日

6月2日 第361回放送 

横浜市青葉区にある「アオバ住宅社」は高齢者、生活保護受給者、シングルマザーなど
住まいの確保が難しい人の部屋探しを積極的にサポートするだけでなく、入居者の就労
支援にも取り組む"世話好きな不動産屋さん"です。ゲストは代表の齋藤瞳さんです。

部屋を借りるとき、どうしても敬遠されがちなのが、生活保護を受けている人や独居の
高齢者ですが「アオバ住宅社」の齋藤瞳さんは、そうした部屋探しに困っている人たち
を対象に不動産業をしています。ユニークなのは、部屋の賃貸を仲介するだけではなく
「働きたい」という就労意欲のある方には、仕事探しも一緒になってサポートしている
点です。ある男性との出会いが起点になりました。65歳で清掃会社を退職した男性は
生活保護受給者ばかりが住む寮から出て「1人暮らしをして仕事を見つけて働きたい」
と齋藤さんに相談。その寮を訪ねてみると、彼の部屋だけは清潔で見事に整理整頓され
ており、男性の真面目な性格が部屋から読み取れました。そして「高齢だけどまだまだ
働きたい」という言葉に「何とかしてあげたい」と思った齋藤さん。ところが賃貸物件
のデータベースを探っても生活保護者・高齢者・身内が居ない者は不可で、齋藤さんが
大家に直談判してやっと賃貸契約に至りました。さらに、アパートの共用部分の清掃を
して欲しいという大家さんに、男性の真面目な仕事ぶりを紹介し就労支援に繋げました
その男性の掃除が丁寧で高評価を得て「アオバ住宅社」は、物件の清掃業務にも進出。
信頼の相乗効果が生まれ、入居者は元気になり、大家は助かり、住宅社の評判は口コミ
で広がっています。齋藤さんは「地域のみんなを見守るような駄菓子屋的存在が目標」
といい"お節介"や"お互い様"精神で街の「地域包括ケア」の役割を担っています。

放送分を聴く
放送日:2019年6月2日

« 5月26日 第360回放送  | メインに戻る | 6月9日 第362回放送  »