文化放送

鎌田實×村上信夫 日曜は頑張らない

鎌田 實
鎌田 實
(かまた みのる)

医師・作家。1948 年東京生まれ。
東京医科歯科大学医学部卒業。
37年間、医師として地域医療に携わり、チェルノブイリ、イラク、 東日本の被災地支援に取り組む。2009 年ベスト・ファーザー イエローリボン賞(学術・文化部門)受賞。2011年日本放送協会 放送文化賞受賞。
ベストセラー「がんばらない」をはじめ、「なさけないけどあきらめ ない」「ウェットな資本主義」「アハメドくんのいのちのリレー」 「希望」(東京書籍) など著書多数。
現在、諏訪中央病院名誉院長。

村上 信夫
村上 信夫
(むらかみ のぶお)

1953年、京都生まれ。
元NHKエグゼクティブアナウンサー。
2001年から11年に渡り、『ラジオビタミン』や
『鎌田實いのちの対話』など、
NHKラジオの「声」として活躍。
現在は、全国を講演で回り「嬉しい言葉の種まき」を
しながら、文化放送『日曜はがんばらない』
月刊『清流』連載対談などで、新たな境地を開いている。
各地で『ことば磨き塾』主宰。
http://murakaminobuo.com

番組へのメッセージをお待ちいたしております。 メールはコチラ:kamata@joqr.net

2019年6月10日

6月9日 第362回放送 

「慈善を慈善として行うのは真の慈善にあらず。余はこれを楽しみとする」と説いたの
は渋沢栄一で、約500の営利事業と同数の社会事業を興して「日本資本主義の父」と
呼ばれました。5年後に発行される新一万円札の顔に決まり、新五千円札の津田梅子、
新千円札の北里柴三郎と共に、その人物像を「ボクたちの好きな日本人」として紹介。

1840(天保11)年、現在の埼玉県深谷市で生まれた渋沢栄一。生家は藍玉を扱う
地元でも有力な農家でしたが、身分制度に不満を持ち、武士になることを望んで農閑期
には千葉周作道場で剣術稽古の励み、幕末には幕臣となって徳川慶喜に仕えます。弟の
昭武のフランス行きに随行し、この洋行で自身も大きく転換。維新後は大蔵省の官僚に
なるも明治7年には辞職して実業界へ踏み出しました。起業家として多くの会社の設立
に関わり、現在に続くみずほ銀行、東京ガス、東京海上保険、王子製紙、帝国ホテル、
キリンビール等々の礎を築きました。さらに日本赤十字社、らい予防協会、聖路加国際
病院の初代理事長や、教育にも力を注ぎ一橋大学の前身の商法講習所など複数の大学の
設立にも携わっています。渋沢が50代で記した『論語と算盤』は、論語から人格形成
を学び、資本主義の利益主義一辺倒にならず、バランスをとることが大切と説きます。
津田梅子は1864(元治元)年、佐倉藩士の津田仙の二女として東京・新宿で生まれ
8歳で「初の女子留学生」として岩倉具視遣外使節一行に参加。およそ10年間現地で
学校に通い、帰国後は英語教育、女子教育に心血を注ぎ、津田塾大学を創設しました。
北里柴三郎は1852(嘉永5)年、現在の熊本県阿蘇郡で生まれ、ドイツ留学を経て
破傷風血清の発明、香港腺ペストの発見など感染症対策に多大な功績を残しています。

放送分を聴く
放送日:2019年6月9日

« 6月2日 第361回放送  | メインに戻る | 6月16日 第363回放送  »