文化放送

鎌田實×村上信夫 日曜は頑張らない

鎌田 實
鎌田 實
(かまた みのる)

医師・作家。1948 年東京生まれ。
東京医科歯科大学医学部卒業。
37年間、医師として地域医療に携わり、チェルノブイリ、イラク、 東日本の被災地支援に取り組む。2009 年ベスト・ファーザー イエローリボン賞(学術・文化部門)受賞。2011年日本放送協会 放送文化賞受賞。
ベストセラー「がんばらない」をはじめ、「なさけないけどあきらめ ない」「ウェットな資本主義」「アハメドくんのいのちのリレー」 「希望」(東京書籍) など著書多数。
現在、諏訪中央病院名誉院長。

村上 信夫
村上 信夫
(むらかみ のぶお)

1953年、京都生まれ。
元NHKエグゼクティブアナウンサー。
2001年から11年に渡り、『ラジオビタミン』や
『鎌田實いのちの対話』など、
NHKラジオの「声」として活躍。
現在は、全国を講演で回り「嬉しい言葉の種まき」を
しながら、文化放送『日曜はがんばらない』
月刊『清流』連載対談などで、新たな境地を開いている。
各地で『ことば磨き塾』主宰。
http://murakaminobuo.com

番組へのメッセージをお待ちいたしております。 メールはコチラ:kamata@joqr.net

2019年7月 1日

6月30日 第365回放送

七夕までの向こう一週間は、前線や湿った空気の影響で曇りや雨の降る日が多い予報で
梅雨空が続きます。晴耕雨読とは、晴れた日には体を使って汗を流し、雨の日には読書
によって頭を使える喜びを味わえる生活が人にとって理想的な生活だと伝えています。
さらに、世間の煩わしさを離れて、自由気ままに生活することで、悠々自適として自然
のままに生きる様という意味でも使われます。鎌田&村上が「おススメの本」を紹介。

朝井リョウ著『死にがいを求めて生きているの』は鎌田さんのおススメ。2つの対立軸
のもとに「生きがい」や「死にがい」の為に若者たちが必死に生きる姿を描いている。
植物状態のまま病院で眠る智也、彼を献身的に見守る雄介。2人の間にあるいびつな真
実とは?自分は価値ある人間なのか?今を生きる若者たちが背負う自滅と祈りの物語。
もう一冊は、アメリカのイェール大学で23年連続の人気講義を書籍化したシェリー・
ケーガン著『DEATH「死」とは何か』で死を哲学的、倫理的、道徳的に分析する。
村上さんは垣内俊哉著『バリアバリュー~障害を価値に変える~』を推薦。垣内さんは
「骨形成不全症」で自立歩行が困難で10歳から車椅子生活。20回骨折し受けた手術
も十数回。6年前には5分間心停止したが奇跡の生還を果たした。いつも命の瀬戸際を
歩いてきた。曰く「人生の時間は変えられないが、幅は変えられる」その強さに感心。
最後は、ジャパネットたかた創業者の高田明さんが師と仰ぐ世阿弥の言葉を超訳した本
『高田明と読む世阿弥~昨日の自分を超えていく~』です。高田さんは「他人と比べず
"自分史上最高"を全力で追う」ことを大切にすることが信条。例えば、世阿弥は言う
是非の初心忘るべからず。時々の初心忘るべからず。老後の初心忘るべからず-等々。

放送分を聴く
放送日:2019年6月30日

« 6月23日 第364回放送  | メインに戻る | 7月7日 第366回放送  »