文化放送

鎌田實×村上信夫 日曜は頑張らない

鎌田 實
鎌田 實
(かまた みのる)

医師・作家。1948 年東京生まれ。
東京医科歯科大学医学部卒業。
37年間、医師として地域医療に携わり、チェルノブイリ、イラク、 東日本の被災地支援に取り組む。2009 年ベスト・ファーザー イエローリボン賞(学術・文化部門)受賞。2011年日本放送協会 放送文化賞受賞。
ベストセラー「がんばらない」をはじめ、「なさけないけどあきらめ ない」「ウェットな資本主義」「アハメドくんのいのちのリレー」 「希望」(東京書籍) など著書多数。
現在、諏訪中央病院名誉院長。

村上 信夫
村上 信夫
(むらかみ のぶお)

1953年、京都生まれ。
元NHKエグゼクティブアナウンサー。
2001年から11年に渡り、『ラジオビタミン』や
『鎌田實いのちの対話』など、
NHKラジオの「声」として活躍。
現在は、全国を講演で回り「嬉しい言葉の種まき」を
しながら、文化放送『日曜はがんばらない』
月刊『清流』連載対談などで、新たな境地を開いている。
各地で『ことば磨き塾』主宰。
http://murakaminobuo.com

番組へのメッセージをお待ちいたしております。 メールはコチラ:kamata@joqr.net

2019年7月22日

7月21日 第368回放送 

"喉元過ぎれば、熱さを忘れる"という諺があります。今年は梅雨寒で去年の猛暑が嘘
のようです。去年の夏は95000人が熱中症で病院に搬送され、気象庁は「災害レベ
ルの暑さ」と表現しました。それほど暑かったにもかかわらずすっかり忘れています。
梅雨明け後は夏本番です。水分補給と十分な睡眠をとり「熱中症」を予防しましょう!

医師とアナウンサーの共通点は、話すことも大切ですが、相手の話を聴くことも大事で
共に「傾聴」を心掛けています。東日本大震災から8年が経ち、インフラの復興は進ん
でいますが、心に傷を負った人たちの復興は容易ではありません。そこで宗教者ならで
はの「心のケア」を施す専門職「臨床宗教師」が震災後に誕生しました。僧侶や牧師が
宗教と宗派の枠を超え、被災者の声にじっと耳を傾ける役割を担っています。震災直後
から活動を続け、2万人を超える人々の声を傾聴し続ける宮城県栗原市の「通大寺」の
住職・金田諦應さんが電話で登場。金田さんは『傾聴移動喫茶 カフェ・デ・モンク』
といい軽トラックに喫茶店の道具一式を詰め込んで被災地を巡る。おいしいコーヒーを
無料で提供しながら、ひたすら被災者の話を聴く「なごみの空間」を提供しています。
「MONK」は英語でお坊さんのことで「文句」を聴きながら、一緒に「悶苦」すると
いう洒落っ気たっぷりなネーミング。BGMにはジャズのセロニアス・モンクを流す。
聴き手の自分は「暇げで、軽みのある佇まい」を意識し、相手の語ることを全て肯定。
相手の話の裏にある物語を見つけるようにし「さみしぐね」と東北弁で言われても本音
かどうかは全身を耳にし、溜め息一つ聴き逃さず、身じろぎ一つ見逃さないようにして
相手の機微を探る。人間の持つ自己回復能力が傾聴によって引き出されていくと言う。

放送分を聴く
放送日:2019年7月21日

« 7月14日 第367回放送  | メインに戻る | 7月28日 第369回放送  »