文化放送

鎌田實×村上信夫 日曜は頑張らない

鎌田 實
鎌田 實
(かまた みのる)

医師・作家。1948 年東京生まれ。
東京医科歯科大学医学部卒業。
37年間、医師として地域医療に携わり、チェルノブイリ、イラク、 東日本の被災地支援に取り組む。2009 年ベスト・ファーザー イエローリボン賞(学術・文化部門)受賞。2011年日本放送協会 放送文化賞受賞。
ベストセラー「がんばらない」をはじめ、「なさけないけどあきらめ ない」「ウェットな資本主義」「アハメドくんのいのちのリレー」 「希望」(東京書籍) など著書多数。
現在、諏訪中央病院名誉院長。

村上 信夫
村上 信夫
(むらかみ のぶお)

1953年、京都生まれ。
元NHKエグゼクティブアナウンサー。
2001年から11年に渡り、『ラジオビタミン』や
『鎌田實いのちの対話』など、
NHKラジオの「声」として活躍。
現在は、全国を講演で回り「嬉しい言葉の種まき」を
しながら、文化放送『日曜はがんばらない』
月刊『清流』連載対談などで、新たな境地を開いている。
各地で『ことば磨き塾』主宰。
http://murakaminobuo.com

番組へのメッセージをお待ちいたしております。 メールはコチラ:kamata@joqr.net

2019年7月29日

7月28日 第369回放送 

「私達の身体は星屑で出来ている」と言ったのは、天文学者のカール・セーガン博士。
銀河に存在する無数の惑星の構成物質と身体の構成物質は、元素の比率こそ違いますが
元素そのものはほぼ同じ。寿命を迎えた星が超新星爆発を起こすことで、生命の種とも
いえる元素が宇宙空間にばら撒かれ、その星の欠片から生命が誕生したとすれば、多く
の人が夜空に輝く星に憧れを抱くのは始原の故郷への郷愁です。『星の歌特集』です。

今も世界で歌い継がれる『星に願いを』は、ディズニー映画『ピノキオ』の主題歌です
1940年に公開されアカデミー賞主題歌賞と音楽賞をW受賞。日本で公開されたのは
戦後の1952年でした。映画ではコオロギの声のクリフ・エドワーズが歌いました。
『星の界(ほしのよ)』はチャールズ・C・コンヴァースのメロディに詩人杉谷代水の詞
が採用されて1910年の『中学唱歌』に登場。文部省唱歌として歌われ続け、70年
以降は詞を変えて『星の世界』として教科書に載っています。歌はダーク・ダックス。
3曲目は宮沢賢治の童話『双子の星』と『銀河鉄道の夜』に登場する『星めぐりの歌』
歌黒田京子&サックス坂田明コンビで「がんばらないレーベル」からの第2弾アルバム
『おむすび』に納められた一曲です。洋楽からは1977年1月8日付「ビルボード」
1位のマリリン・マックー&ビリー・デイヴィス・ジュニアの『星空のふたり』です。
最後は永六輔作詞、いずみたく作曲、坂本九の代表曲『見上げてごらん夜の星を』です
が、この作品は1960年初演の同名ミュージカルの劇中主題歌として作られました。
当時多くの若者が集団就職で上京した時代背景があり、主人公も昼は働き、夜は定時制
高校に通う苦学生で、彼らの"ささやかな幸せ"を歌っており、映画化もされました。

放送分を聴く
放送日:2019年7月28日

« 7月21日 第368回放送  | メインに戻る | 8月4日 第370回放送  »