文化放送

鎌田實×村上信夫 日曜は頑張らない

鎌田 實
鎌田 實
(かまた みのる)

医師・作家。1948 年東京生まれ。
東京医科歯科大学医学部卒業。
37年間、医師として地域医療に携わり、チェルノブイリ、イラク、 東日本の被災地支援に取り組む。2009 年ベスト・ファーザー イエローリボン賞(学術・文化部門)受賞。2011年日本放送協会 放送文化賞受賞。
ベストセラー「がんばらない」をはじめ、「なさけないけどあきらめ ない」「ウェットな資本主義」「アハメドくんのいのちのリレー」 「希望」(東京書籍) など著書多数。
現在、諏訪中央病院名誉院長。

村上 信夫
村上 信夫
(むらかみ のぶお)

1953年、京都生まれ。
元NHKエグゼクティブアナウンサー。
2001年から11年に渡り、『ラジオビタミン』や
『鎌田實いのちの対話』など、
NHKラジオの「声」として活躍。
現在は、全国を講演で回り「嬉しい言葉の種まき」を
しながら、文化放送『日曜はがんばらない』
月刊『清流』連載対談などで、新たな境地を開いている。
各地で『ことば磨き塾』主宰。
http://murakaminobuo.com

番組へのメッセージをお待ちいたしております。 メールはコチラ:kamata@joqr.net

2019年10月21日

10月20日 第381回放送 

東日本に洪水や土砂災害など甚大な被害をもたらした「台風19号」の上陸から8日。
各地で復旧工事や被災ゴミの処理が急がれ、今も多く人が避難生活を強いられています
今回は「激動の昭和」に音楽で明るいエールを送り続けた作曲家・古関裕而特集です。

福島市内にある「古関裕而記念館」は古関さんの名曲『とんがり帽子』をイメージした
塔の外観が目を惹き、朝夕古関メロディーが流れ多くの人々の耳を楽しませています。
記念館に立ち寄った村上さんも、館内で絶え間なく流れる古関メロディーに耳を澄まし
約600点の楽譜、写真、音源等の展示品で古関裕而さんを偲ぶ一時を過ごしました。
昭和の音楽史に残る作曲家である古関裕而さんは、1909年(明治42年)福島市の
呉服店の長男として誕生。音楽好きの父が買った蓄音器、母が買ってくれた卓上ピアノ
が音楽への門戸を開いてくれ、憧れの山田耕筰さんに作品を送り交流を続けた甲斐あり
1930(昭和5年)に「日本コロムビア」に入社し、職業作曲家として音楽に精進。
1964年アジアで初開催の「東京五輪」の選手入場行進曲『オリンピック・マーチ』
白球を追う高校球児の憧れ歌は、全国高等学校野球選手権大会の歌『栄冠は君に輝く』
巨人ファンの鎌田さん一押しは読売巨人軍の球団歌「巨人軍の歌」通称『闘魂込めて』
阪神ファンの村上さんは「阪神タイガースの歌」通称『六甲おろし』をスタジオで唱和
後半は、戦災孤児救済のキャンペーンドラマ『鐘の鳴る丘』の主題歌『とんがり帽子』
1961年公開された映画『モスラ』の挿入歌でザ・ピーナッツが唄う『モスラの歌』
永井隆博士の被爆体験をモデルに、戦災の全受難者に捧げる藤山一郎歌唱『長崎の鐘』
行進曲、劇中歌、歌謡曲など5000曲余の古関裕而作品から代表曲をお届けします。

放送分を聴く
放送日:2019年10月20日

« 10月13日 第380回放送  | メインに戻る | 10月27日 第382回放送  »