文化放送

鎌田實×村上信夫 日曜は頑張らない

鎌田 實
鎌田 實
(かまた みのる)

医師・作家。1948 年東京生まれ。
東京医科歯科大学医学部卒業。
37年間、医師として地域医療に携わり、チェルノブイリ、イラク、 東日本の被災地支援に取り組む。2009 年ベスト・ファーザー イエローリボン賞(学術・文化部門)受賞。2011年日本放送協会 放送文化賞受賞。
ベストセラー「がんばらない」をはじめ、「なさけないけどあきらめ ない」「ウェットな資本主義」「アハメドくんのいのちのリレー」 「希望」(東京書籍) など著書多数。
現在、諏訪中央病院名誉院長。

村上 信夫
村上 信夫
(むらかみ のぶお)

1953年、京都生まれ。
元NHKエグゼクティブアナウンサー。
2001年から11年に渡り、『ラジオビタミン』や
『鎌田實いのちの対話』など、
NHKラジオの「声」として活躍。
現在は、全国を講演で回り「嬉しい言葉の種まき」を
しながら、文化放送『日曜はがんばらない』
月刊『清流』連載対談などで、新たな境地を開いている。
各地で『ことば磨き塾』主宰。
http://murakaminobuo.com

番組へのメッセージをお待ちいたしております。 メールはコチラ:kamata@joqr.net

2019年10月28日

10月27日 第382回放送 

今年の秋に公開される日本映画はベストセラー小説の実写化が目立ちます。直木賞作家
恩田陸著『蜜蜂と遠雷』や芥川賞作家吉田修一著『楽園』同平野啓一郎著『マチネの終
わりに』、警察小説の旗手横山秀夫著『影踏み』があり、精神科医の帚木蓬生著『閉鎖
病棟』は24年前のベストセラーです。きょうは「この秋にお薦めの映画特集」です。

鎌田さん紹介の『閉鎖病棟』は95年に発売され、90万部を超すベストセラーとなり
精神科医を務めながら作家として人間ドラマを書き続けている帚木蓬生さんの代表作。
死刑囚でありながら、刑の執行が失敗し生きながらえ今は精神科病院にいる初老の男。
幻聴に苦しみ精神科病院に強制入院となったサラリーマン。父親からのDVが原因で精
神科病院に入院する女子高生。居場所を失くした人々が、そこで出会い癒しあう物語。
村上さん推薦の『一粒の麦~荻野吟子の生涯』は日本で初めて女医となった荻野吟子を
描いた作品。明治時代の封建制度の中で、女性への差別は現代人には想像を絶するもの
だったが、彼女はその時代にあって、厚い壁を何度も跳ね返し女性初の医師免許を獲得
した。自らは一粒の麦となり大地に多くの実を結ぶ切っ掛けを作った誇れる日本女性。
韓国映画の『国家が破産する日』は、1997年に韓国経済が崩壊して国際通貨基金に
支援を要請する事態となった時の話。アジア通貨危機に向かうなか、通貨対策チーム長
の主人公は、国際通貨基金の金融支援を受けることによる弊害を訴え国家と闘う物語。
『みとりし』は人生最期の時をどう迎えるのか。看取り士は旅立つ人の思いを受け止め
家族の不安も受け止め、見送る人に命のバトンを繋いでいく仕事。その存在に感銘を受
けた俳優の榎木孝明さんが「死生観をテーマにした映画を作りたい」と奮闘した作品。

放送分を聴く
放送日:2019年10月27日

« 10月20日 第381回放送  | メインに戻る | 11月10日 第383回放送  »