文化放送

鎌田實×村上信夫 日曜は頑張らない

鎌田 實
鎌田 實
(かまた みのる)

医師・作家。1948 年東京生まれ。
東京医科歯科大学医学部卒業。
37年間、医師として地域医療に携わり、チェルノブイリ、イラク、 東日本の被災地支援に取り組む。2009 年ベスト・ファーザー イエローリボン賞(学術・文化部門)受賞。2011年日本放送協会 放送文化賞受賞。
ベストセラー「がんばらない」をはじめ、「なさけないけどあきらめ ない」「ウェットな資本主義」「アハメドくんのいのちのリレー」 「希望」(東京書籍) など著書多数。
現在、諏訪中央病院名誉院長。

村上 信夫
村上 信夫
(むらかみ のぶお)

1953年、京都生まれ。
元NHKエグゼクティブアナウンサー。
2001年から11年に渡り、『ラジオビタミン』や
『鎌田實いのちの対話』など、
NHKラジオの「声」として活躍。
現在は、全国を講演で回り「嬉しい言葉の種まき」を
しながら、文化放送『日曜はがんばらない』
月刊『清流』連載対談などで、新たな境地を開いている。
各地で『ことば磨き塾』主宰。
http://murakaminobuo.com

番組へのメッセージをお待ちいたしております。 メールはコチラ:kamata@joqr.net

2020年1月20日

1月19日 第393回放送 

イラクやシリアの戦禍を逃れた難民が暮らす中東の国々の「難民キャンプ」を訪問して
音楽を通じて交流を続けているロックミュージシャンのSUGIZO(スギゾー)さん
をゲストに迎えて、難民支援に関わるきっかけとなった出来事や現地での活動を紹介。

日本を代表するロックバンド「LUNA SEA」と「X JAPAN」のギタリスト
でヴァイオリニスト、音楽プロデューサーのSUGIZOさんは、音楽活動と平行して
環境保護活動や難民支援活動などに積極的に参加しています。両親が東京都交響楽団の
団員という音楽一家に生まれて、3歳からクラシック音楽の基礎を学び、1989年に
現在のメンバーと「LUNA SEA」結成。バンドと並行しソロ活動も続けている。
音楽一筋に過ごす中で、長女の誕生が切っ掛けとなり世界の紛争や貧困、環境問題など
意識するようになったという。2016年にヨルダンのシリア難民が暮らすキャンプを
訪問し、現「JIM-NET」職員の斉藤亮平さんフォトジャーナリストの佐藤慧さん
と即席のバンド「ババガヌージュ」を結成。難民キャンプで演奏するのは不謹慎では?
との戸惑いも、聴衆の喜ぶ姿を見て不安や戸惑いは払拭したという。2018年のパレ
スチナ訪問に続いて、去年はイラクのクルド人自治区アルビルとヨルダンの「難民キャ
ンプ」を訪問。特にアルビルにある「JIM-NETハウス」で病児やその家族を招き
演奏した際の子ども達が喜ぶ笑顔や楽器に興味を示して触ったりする姿は貴重なひと時
だったと語る。彼の地で演奏した『マウテニー』はアラブ圏全体で人気のある曲であり
『The Voyage Home』は最初のヨルダン訪問で触発され作ったオリジナル
作品。また悪性肉腫で早世した少女ナブラスの実家を訪問し家族の逸話も紹介します。

放送分を聴く
放送日:2020年1月19日

« 1月12日 第392回放送 | メインに戻る | 1月26日 第394回放送  »