文化放送

鎌田實×村上信夫 日曜は頑張らない

鎌田 實
鎌田 實
(かまた みのる)

医師・作家。1948 年東京生まれ。
東京医科歯科大学医学部卒業。
37年間、医師として地域医療に携わり、チェルノブイリ、イラク、 東日本の被災地支援に取り組む。2009 年ベスト・ファーザー イエローリボン賞(学術・文化部門)受賞。2011年日本放送協会 放送文化賞受賞。
ベストセラー「がんばらない」をはじめ、「なさけないけどあきらめ ない」「ウェットな資本主義」「アハメドくんのいのちのリレー」 「希望」(東京書籍) など著書多数。
現在、諏訪中央病院名誉院長。

村上 信夫
村上 信夫
(むらかみ のぶお)

1953年、京都生まれ。
元NHKエグゼクティブアナウンサー。
2001年から11年に渡り、『ラジオビタミン』や
『鎌田實いのちの対話』など、
NHKラジオの「声」として活躍。
現在は、全国を講演で回り「嬉しい言葉の種まき」を
しながら、文化放送『日曜はがんばらない』
月刊『清流』連載対談などで、新たな境地を開いている。
各地で『ことば磨き塾』主宰。
http://murakaminobuo.com

番組へのメッセージをお待ちいたしております。 メールはコチラ:kamata@joqr.net

2020年1月27日

1月26日 第394回放送 

山梨県は運動やスポーツの実施率が全国最下位にもかかわらず「健康寿命」は日本一。
理由は?図書館数が人口比で全国平均の2倍以上で、昭和20年代から司書制度が普及
公立小学校の司書配置率は98%です。その環境で育った県民に本や雑誌を読む習慣が
根付き、本を探して歩いたり、知的な刺激を受けたり、他の健康要素と最も多く繋がる
のが読書で、読まない人は不健康要素と繋がるという調査結果があります。読書は心を
動かし、行動を起こすきっかけを与えてくれます。テーマは「おススメ本特集」です。

三木成夫著『いのちの波』は鎌田さんの推薦。71年「東京医科歯科大学」の医学生と
して三木先生の解剖学や発生学のとても刺激的な授業を受けたという。内臓の感受性が
鈍くては世界は感知できない!腹をくくるとは?腹で感じるとは?等「こころとあたま
の関係」を教えてくれた解剖学者だったと追想する。村上さんは門井慶喜著『定価のな
い本』を紹介。神田神保町の古書店街を舞台起にした小説で長編ミステリーとして面白
く読めるし、壊れゆく「日本文化への警鐘を鳴らす本」として読んだという。終戦後の
生活苦に喘いだ人々は貴重な古典籍を手放し、価値が暴落。主人公に「日本人が日本文
化を嫌いになったんだ」と言わしめた作者。GHQは「日本文化抹消作戦」を展開して
文化を奪おうとするが、それに対抗して古書店主達は日本文化を守るため立ち上がる。
佐賀市に「まちなか図書館鎌田文庫」を開設する鎌田さんは、十代に戻れたらもう一度
読みたい本として『田村隆一詩集』を紹介。織田信長に人生を狂わされた武将たちを描
く天野純希著『信長嫌い』は明智光秀・今川義元・真柄直隆・六角承禎・三好義継等。
葉室麟著『津軽双花』は津軽家に嫁いだ石田三成の娘辰姫と家康の養女満手姫の物語。

放送分を聴く
放送日:2020年1月26日

« 1月19日 第393回放送  | メインに戻る | 2月2日 第395回放送  »