文化放送

鎌田實×村上信夫 日曜は頑張らない

鎌田 實
鎌田 實
(かまた みのる)

医師・作家。1948 年東京生まれ。
東京医科歯科大学医学部卒業。
37年間、医師として地域医療に携わり、チェルノブイリ、イラク、 東日本の被災地支援に取り組む。2009 年ベスト・ファーザー イエローリボン賞(学術・文化部門)受賞。2011年日本放送協会 放送文化賞受賞。
ベストセラー「がんばらない」をはじめ、「なさけないけどあきらめ ない」「ウェットな資本主義」「アハメドくんのいのちのリレー」 「希望」(東京書籍) など著書多数。
現在、諏訪中央病院名誉院長。

村上 信夫
村上 信夫
(むらかみ のぶお)

1953年、京都生まれ。
元NHKエグゼクティブアナウンサー。
2001年から11年に渡り、『ラジオビタミン』や
『鎌田實いのちの対話』など、
NHKラジオの「声」として活躍。
現在は、全国を講演で回り「嬉しい言葉の種まき」を
しながら、文化放送『日曜はがんばらない』
月刊『清流』連載対談などで、新たな境地を開いている。
各地で『ことば磨き塾』主宰。
http://murakaminobuo.com

番組へのメッセージをお待ちいたしております。 メールはコチラ:kamata@joqr.net

2020年2月 7日

2月2日 第395回放送 

2月9日にハリウッドで開催される映画の祭典「第92回アカデミー賞」には、話題作
の『ジョーカー』や韓国映画『パラサイト~半地下の家族~』、英米合作の戦争ドラマ
『1917~命をかけた伝令~』等が作品賞にノミネートされています。映画ファンの
鎌田さんは大作よりも秀作・佳作好みで、今回は「独自視点で選んだ映画」紹介です。

フランス映画の『私の知らないわたしの素顔』は、50代の美しき大学教授クレールが
Facebook上で24歳のクララに成りすまし、若いカメラマンと恋に落ちる。出来心で
ついた嘘が、どうにも止まらなくなって、自分で自分を裏切っていくという物語です。
『オリ・マキの人生で最も幸せな日』は、フィンランド実在のボクサー、オリ・マキを
描いた作品。彼は世界タイトル戦よりも恋に落ちた女性との愛を優先したことでマッチ
メーカーやマスコミを失望させたが後年自分の気持ちに嘘をつかずによかったと回顧。
フランス映画の『男の女~人生最良の日々』は、クロード・ルルーシュ監督が52年前
と同じメンバーを揃え、副題「人生最良の日々」はヴィクトル・ユーゴーの言葉です。
『山中静夫氏の尊厳死』は、末期がんを宣告された男と彼を見守る医師を主人公にして
人間が死んでいくこと、最後まで生きぬくことの意味を描いたヒューマンドラマ。原作
は芥川賞作家で現役の医師でもある南木佳士(本名・霜田哲夫)の同名小説の映画化。
日中合作『コンプリシティ~優しい共犯~』は、技能実習生として来日した中国人青年
が職場から逃亡。他人になりすまし蕎麦屋で働くが、孤独な店主と青年の優しい共犯。
その他、フランスで百万人動員の大ヒットを記録した『母との約束~250通の手紙』
実話を基にしている『ふたりのJ・T・リロイ/ベストセラー作家の裏の裏』を紹介。

放送分を聴く
放送日:2020年2月2日

« 1月26日 第394回放送  | メインに戻る | 2月9日 第396回放送  »