文化放送

鎌田實×村上信夫 日曜は頑張らない

鎌田 實
鎌田 實
(かまた みのる)

医師・作家。1948 年東京生まれ。
東京医科歯科大学医学部卒業。
37年間、医師として地域医療に携わり、チェルノブイリ、イラク、 東日本の被災地支援に取り組む。2009 年ベスト・ファーザー イエローリボン賞(学術・文化部門)受賞。2011年日本放送協会 放送文化賞受賞。
ベストセラー「がんばらない」をはじめ、「なさけないけどあきらめ ない」「ウェットな資本主義」「アハメドくんのいのちのリレー」 「希望」(東京書籍) など著書多数。
現在、諏訪中央病院名誉院長。

村上 信夫
村上 信夫
(むらかみ のぶお)

1953年、京都生まれ。
元NHKエグゼクティブアナウンサー。
2001年から11年に渡り、『ラジオビタミン』や
『鎌田實いのちの対話』など、
NHKラジオの「声」として活躍。
現在は、全国を講演で回り「嬉しい言葉の種まき」を
しながら、文化放送『日曜はがんばらない』
月刊『清流』連載対談などで、新たな境地を開いている。
各地で『ことば磨き塾』主宰。
http://murakaminobuo.com

番組へのメッセージをお待ちいたしております。 メールはコチラ:kamata@joqr.net

2020年2月10日

2月9日 第396回放送 

立春を過ぎたとはいえ「水温む」にはちょっと早いですが川(河)の話です。鴨長明は
『方丈記』の冒頭で「ゆく河の流れは絶えずして、しかももとの水にあらず」と記して
移り行くものの儚さを示し、志賀直哉は「私は大河の水の一滴に過ぎない」と語った。
古来多くの人が人生を振り返り内省するときに例えるのが川。今回は「川の名曲」です

石川啄木の『一握の砂』に「やはらかに柳あをめる北上の岸辺目に見ゆ泣けと如くに」
早春の「北上川」を詠った作品があります。歌人の啄木や詩人の宮沢賢治ゆかりの川で
有名なこの川は、岩手県中央部を北から南に流れ宮城県東部の石巻市で湾に注ぎます。
この川を詠った名曲『北上夜曲』歌唱はダーク・ダックスです。同じ昭和36年ヒット
の仲宗根美樹『川は流れる』は歌声喫茶で評判になりミリオンセラーを記録しましたが
この曲も『北上夜曲』も物語性のある詞が展開し共に松竹と日活で映画化されました。
鎌田さんの地元長野県といえば「千曲川」で、島崎藤村の『千曲川旅情の歌』が有名。
また、去年10月の台風19号で決壊した千曲川堤防のそばに立つ歌碑『桜つづみ』は
5年前に長沼小6年生21人が水害をテーマにした創作劇の主題歌という逸話を紹介し
五木ひろし歌唱『千曲川』を選曲。後半は海外の川にちなんだ名曲。第二次世界大戦中
インドネシアを転戦する日本兵の心をとらえた『ブンガワン・ソロ』は戦後に日本でも
よく知られる東南アジアの流行歌となりましたが美空ひばり盤でお届けします。イルカ
の『いつか見る虹~モルダウから~』は音楽の授業でよく聴くチェコの作曲家スメタナ
の交響詩『わが祖国』の第2曲『モルダウ』に彼女が詞を付けたもので、ボヘミア民族
の祖国愛を詠った原詞とは違うが秀作。最後はクリスティの『イエローリバー』です。

放送分を聴く
放送日:2020年2月9日


« 2月2日 第395回放送  | メインに戻る | 2月16日 第397回放送  »