文化放送

鎌田實×村上信夫 日曜は頑張らない

鎌田 實
鎌田 實
(かまた みのる)

医師・作家。1948 年東京生まれ。
東京医科歯科大学医学部卒業。
37年間、医師として地域医療に携わり、チェルノブイリ、イラク、 東日本の被災地支援に取り組む。2009 年ベスト・ファーザー イエローリボン賞(学術・文化部門)受賞。2011年日本放送協会 放送文化賞受賞。
ベストセラー「がんばらない」をはじめ、「なさけないけどあきらめ ない」「ウェットな資本主義」「アハメドくんのいのちのリレー」 「希望」(東京書籍) など著書多数。
現在、諏訪中央病院名誉院長。

村上 信夫
村上 信夫
(むらかみ のぶお)

1953年、京都生まれ。
元NHKエグゼクティブアナウンサー。
2001年から11年に渡り、『ラジオビタミン』や
『鎌田實いのちの対話』など、
NHKラジオの「声」として活躍。
現在は、全国を講演で回り「嬉しい言葉の種まき」を
しながら、文化放送『日曜はがんばらない』
月刊『清流』連載対談などで、新たな境地を開いている。
各地で『ことば磨き塾』主宰。
http://murakaminobuo.com

番組へのメッセージをお待ちいたしております。 メールはコチラ:kamata@joqr.net

2020年3月30日

3月29日 第403回放送 

この時季になると思い出す「年年歳歳花相似たり、歳歳年年人同じからず」唐代の詩人
劉希夷の詩の一節です。2012年4月にスタートした番組の担当者は8年間変わらず
満開の桜を愛でてきましたが、今年ほど例年と異なる気持ちで眺めた事はありません。
主要国の大都市封鎖、経済危機、東京五輪を延期にした新型コロナウイルスの感染拡大
です。まさに世の中が「緊急事態」の中での『日曜はがんばらない』をお届けします。

ドクター鎌田が世界で猛威を奮るう「新型コロナウイルス」について2つの特長を頭に
入れて欲しいと説く。まず「致死率は高くない!」という点。WHO(世界保健機構)
が発表した同ウイルスによる「新型肺炎」の致死率は、季節性インフルエンザの致死率
より高いがコロナウイルス仲間である「サーズ」や「マーズ」に比べれば格段に低い。
2点目は「感染力は高い!」ということ。感染経路は飛沫感染と接触感染とエアロゾル
感染も指摘されている。その対処法としては手洗い、うがい、部屋の換気。たいていは
軽症ですむが、高齢者や持病のある人は特に注意する必要があり、周囲の人はリスクの
高い人たちに感染させない配慮が必要だといいます。来週からは「放送時間の変更」に
ともない『日曜10時のがんばらない』は本日が最後の放送になります。そこで8年間
を振り返り、多士済々のゲストとの想い出や、本・映画・音楽・偉人伝などシリーズ化
した番組の自称名物コーナーを紹介。印象深い絵本として挙げた『100年たったら』
は、ライオンと鳥がたどる、はるかな時と巡る命を描いた、せつなく壮大な物語です。
8年間毎週「いのちが喜ぶ時間」をお届けしてきましたが、9年目は更に内容を充実!
◆来週4月5日(日)から放送時間が「日曜日の朝6時20分スタート」乞うご期待◆

放送分を聴く
放送日:2020年3月29日

« 3月22日 第402回放送  | メインに戻る | 4月5日 第404回放送  »