文化放送

鎌田實×村上信夫 日曜は頑張らない

鎌田 實
鎌田 實
(かまた みのる)

医師・作家。1948 年東京生まれ。
東京医科歯科大学医学部卒業。
37年間、医師として地域医療に携わり、チェルノブイリ、イラク、 東日本の被災地支援に取り組む。2009 年ベスト・ファーザー イエローリボン賞(学術・文化部門)受賞。2011年日本放送協会 放送文化賞受賞。
ベストセラー「がんばらない」をはじめ、「なさけないけどあきらめ ない」「ウェットな資本主義」「アハメドくんのいのちのリレー」 「希望」(東京書籍) など著書多数。
現在、諏訪中央病院名誉院長。

村上 信夫
村上 信夫
(むらかみ のぶお)

1953年、京都生まれ。
元NHKエグゼクティブアナウンサー。
2001年から11年に渡り、『ラジオビタミン』や
『鎌田實いのちの対話』など、
NHKラジオの「声」として活躍。
現在は、全国を講演で回り「嬉しい言葉の種まき」を
しながら、文化放送『日曜はがんばらない』
月刊『清流』連載対談などで、新たな境地を開いている。
各地で『ことば磨き塾』主宰。
http://murakaminobuo.com

番組へのメッセージをお待ちいたしております。 メールはコチラ:kamata@joqr.net

2020年4月27日

4月26日 第407回放送 

「彼を知り己を知れば百戦殆からず」は、春秋時代の軍事思想家・孫武が書いた兵法書
『孫子』の謀攻篇の一節です。これを模して「新型コロナを知り、自分の状況を知れば
百選殆からず」と副題をつけた『新型コロナウイルス感染をのりこえるための説明書』
を作成した『諏訪中央病院』総合診療科医師の玉井道裕さんが電話出演し解説します。

『新型コロナウイルス感染をのりこえるための説明書』は、かわいいイラストとともに
やさしい言葉で解説していると好評で、企業や全国各地の自治体で活用されています。
玉井先生は「コロナを正しく怖がるのが大事」として「知識を身につければ戦える」と
説明書を作成しました。カゼと新型コロナの症状の違いは?発熱しても直ちに病院に行
かない方がいい理由は?など基礎的な疑問に答えます。感染拡大を防ぐために各個人が
実行すべきことを例に挙げ、感染予防で百点をとるのは無理でも一人ひとりが出来る事
を確実に実行するのが大事!と強調。全世界で新型コロナと戦っている人々がいます。
その人々を支えている家族の存在もあります。お互いに感謝の気持ちをもってこの新型
コロナとの戦いに勝利しましょう!誰かが戦っているではなくみんなで戦いましょう!
また「花を咲かせられないなら根を伸ばす」は仕事も学校も休みで屋外活動が制限され
ている時は、普段しない内省や整理をして過ごすという発想への切り替えを勧めます。
『新型コロナウイルス感染をのりこえるための説明書』と『続編~やるべきことが分か
る、やらないとどうなるか分かる~』第3弾『地方版~準備はいかがですか~』そして
第4弾『全国版~ふんばり所です~』日々刻々と変わる感染拡大の状況にあわせて作成
した「説明書」は『諏訪中央病院』のホームページで閲覧、ダウンロードも可能です。

放送分を聴く
放送日:2020年4月26日

« 4月19日 第406回放送  | メインに戻る | 5月3日 第408回放送  »