文化放送

鎌田實×村上信夫 日曜は頑張らない

鎌田 實
鎌田 實
(かまた みのる)

医師・作家。1948 年東京生まれ。
東京医科歯科大学医学部卒業。
37年間、医師として地域医療に携わり、チェルノブイリ、イラク、 東日本の被災地支援に取り組む。2009 年ベスト・ファーザー イエローリボン賞(学術・文化部門)受賞。2011年日本放送協会 放送文化賞受賞。
ベストセラー「がんばらない」をはじめ、「なさけないけどあきらめ ない」「ウェットな資本主義」「アハメドくんのいのちのリレー」 「希望」(東京書籍) など著書多数。
現在、諏訪中央病院名誉院長。

村上 信夫
村上 信夫
(むらかみ のぶお)

1953年、京都生まれ。
元NHKエグゼクティブアナウンサー。
2001年から11年に渡り、『ラジオビタミン』や
『鎌田實いのちの対話』など、
NHKラジオの「声」として活躍。
現在は、全国を講演で回り「嬉しい言葉の種まき」を
しながら、文化放送『日曜はがんばらない』
月刊『清流』連載対談などで、新たな境地を開いている。
各地で『ことば磨き塾』主宰。
http://murakaminobuo.com

番組へのメッセージをお待ちいたしております。 メールはコチラ:kamata@joqr.net

2020年5月 4日

5月3日 第408回放送 

新型コロナウイルス感染症治療薬として「レムデシビル」を米国が認可したことを受け
日本でも近日中に特例承認され国内初の新型コロナ感染症の治療薬となります。一方で
感染予防に効果があるワクチン開発は1年以上かかるとみられています。そこで感染症
対策には欠かせない「免疫」について免疫研究第一人者「大阪大学免疫学フロンティア
研究センター」名誉教授宮坂昌之先生と「感染予防の為に免疫力を強くする」鼎談です

新型コロナ感染拡大を防ぐために「接触機会を8割減らす」この意味は?1人が平均で
何人に感染させるかを示す「基本再生産数」が1以下なら感染者数は減少していく。
欧州の2.5で計算すると8割減で1か月後に減少に転じるが、7割では2か月かかると
して、いち早く「外出自粛要請」を発し1以下にした北海道の判断を評価。新型コロナ
は100万個ほど体内に入らないと発症しないと専門家の意見を引用し、3密を回避し
人との接触を8割減らすことがいかに感染症対策に重要かを解説します。更に乳幼児の
結核予防ワクチンBCGが新型コロナに有効とする説について日本以外の諸外国の接種
の有無と死亡率に明らかな相関関係があると解説。肥満も重症リスクに繋がると警告。
新型コロナ感染予防には免疫力を高めることが重要と説く宮坂先生。免疫には自然免疫
と獲得免疫の2種類があり、自然免疫は生まれながらに持っている免疫のこと。一方
獲得免疫はワクチンや感染症の罹患によって得られる免疫。獲得免疫が働く前に、自然
免疫がウイルスを追い出すことがわかっており、抗体を作るのも、キラー細胞を作り
やすくするのも自然免疫がうまく機能すればこそ。血液とリンパの循環を良くする方法
については宮坂昌之先生の本『免疫力を強くする』(講談社)の一読をお勧めします。

放送分を聴く
放送日:2020年5月3日

« 4月26日 第407回放送  | メインに戻る | 5月10日 第408回放送  »