文化放送

鎌田實×村上信夫 日曜は頑張らない

鎌田 實
鎌田 實
(かまた みのる)

医師・作家。1948 年東京生まれ。
東京医科歯科大学医学部卒業。
37年間、医師として地域医療に携わり、チェルノブイリ、イラク、 東日本の被災地支援に取り組む。2009 年ベスト・ファーザー イエローリボン賞(学術・文化部門)受賞。2011年日本放送協会 放送文化賞受賞。
ベストセラー「がんばらない」をはじめ、「なさけないけどあきらめ ない」「ウェットな資本主義」「アハメドくんのいのちのリレー」 「希望」(東京書籍) など著書多数。
現在、諏訪中央病院名誉院長。

村上 信夫
村上 信夫
(むらかみ のぶお)

1953年、京都生まれ。
元NHKエグゼクティブアナウンサー。
2001年から11年に渡り、『ラジオビタミン』や
『鎌田實いのちの対話』など、
NHKラジオの「声」として活躍。
現在は、全国を講演で回り「嬉しい言葉の種まき」を
しながら、文化放送『日曜はがんばらない』
月刊『清流』連載対談などで、新たな境地を開いている。
各地で『ことば磨き塾』主宰。
http://murakaminobuo.com

番組へのメッセージをお待ちいたしております。 メールはコチラ:kamata@joqr.net

2020年6月 9日

6月7日 第412回放送 

新型コロナの感染予防で人々が集まれない寄り添えない状況が続く中、テレビ出演して
「物理的に離れても、社会的につながることが重要」とコメントする鎌田さん。4年前
ホームレスの「路上文学賞」で入選したKKさんから「テレビ視て連絡したくなった」
と近況報告。ホームレスを脱し清掃員として暮らす日常が綴られ、コロナ禍にも安堵。
今週のテーマは「新型コロナウイルスの特徴」や「日常の過ごし方」を語り合います。

同じく鎌田さんのテレビを視た尼崎市の小林書店の店主から届いたハガキには「百人の
知り合いにハガキを書こうと思い立ち一枚一枚書いています。皆で必ず来る新しい日常
のため、元気で乗り切りましょう」と記されていた。デジタル通信技術では味わえない
ハガキの温もりを再認識したひと時。新型コロナウイルスの特徴として最近話題の子供
が感染しても無症状や軽症ですむのは、子供はウイルスが鼻腔内に留まっていることが
多く、重症化しないのではないかという説。新型コロナの侵入を許す受容体ACE2は
口腔粘膜に多いと考えられ、口から他臓器に広がっていくので唾液やヨダレに要注意。
飲食のときはマスクを外し、話すときはマスクを着けるという習慣を徹底しましょう。
コロナ禍で時間ができた村上さんは本棚整理。数年ぶりに『思いやりの日本語』という
著者は山下景子さん。コロナで日本人の「思いやり」はどこへ消えてしまったのだろう
そんなやるせない思いを抱えながら読んだら和らいだ。人の気持ちに「思いを遣る」は
まるで心の使者を遣わすように人の立場や心情に思いを巡らせてきたのが我ら日本人。
「心置き無く」や「心行くまで」などは自分はさておき相手のことを思い遣った言葉。
相合傘、相合布団など分け隔てなく共有し合った。今こそ「相合地球」地球を一つに!

放送分を聴く
放送日:2020年6月7日

« 5月31日 第411回放送  | メインに戻る | 6月14日 第413回放送  »