文化放送

鎌田實×村上信夫 日曜は頑張らない

鎌田 實
鎌田 實
(かまた みのる)

医師・作家。1948 年東京生まれ。
東京医科歯科大学医学部卒業。
37年間、医師として地域医療に携わり、チェルノブイリ、イラク、 東日本の被災地支援に取り組む。2009 年ベスト・ファーザー イエローリボン賞(学術・文化部門)受賞。2011年日本放送協会 放送文化賞受賞。
ベストセラー「がんばらない」をはじめ、「なさけないけどあきらめ ない」「ウェットな資本主義」「アハメドくんのいのちのリレー」 「希望」(東京書籍) など著書多数。
現在、諏訪中央病院名誉院長。

村上 信夫
村上 信夫
(むらかみ のぶお)

1953年、京都生まれ。
元NHKエグゼクティブアナウンサー。
2001年から11年に渡り、『ラジオビタミン』や
『鎌田實いのちの対話』など、
NHKラジオの「声」として活躍。
現在は、全国を講演で回り「嬉しい言葉の種まき」を
しながら、文化放送『日曜はがんばらない』
月刊『清流』連載対談などで、新たな境地を開いている。
各地で『ことば磨き塾』主宰。
http://murakaminobuo.com

番組へのメッセージをお待ちいたしております。 メールはコチラ:kamata@joqr.net

2020年6月22日

6月21日 第414回放送 

3か月ぶりに駅や観光地に家族連れの姿が戻ってきました。19日に県境をまたぐ移動
も解禁されて初めての週末です。新型コロナウイルスの感染防止策を徹底させながら、
少しずつ客足を取り戻す取組が始まりました。テーマは『夏に向かってコロナと共に』

これからの暑い季節に備えてドクター鎌田からのアドバイス。今年は新型コロナの影響
で外出自粛が続き、運動不足による体力低下から「熱中症」になるリスクが高まってい
ます。また、感染予防でマスク着用が求められています。対面で会話する時は必要です
が、顔を覆うマスクは熱がこもりがちになり、特に高齢者や子どもは熱中症のリスクが
高まるので、周囲の人との距離が保てる場所では、適宜マスクを外して休憩をとったり
水分を補給するなど心掛けましょう。さらに可能な人はウォーミングアップをして汗を
かく訓練を今からしておくと良いと助言。後半は、NHKで長年ニュースを伝える立場
にいた村上さんが「コロナ禍での番組キャスターのことば」を取り上げます。阪神淡路
大震災や東日本大震災の時にニュースの送り手として「ことばの無力さ」を感じた一方
「ことばの素晴らしさ」も感じたという。不用意なことばを使ってはならないことは言
うに及ばず、用意したことばも寄り添わないことが多い。非常時の咄嗟の時に放送現場
のことばは余程吟味されたものでないとならないと考えていた。新型コロナ報道を巡り
番組キャスターたちのことばに注目が集まっています。なかでも日本テレビの藤井貴彦
アナウンサーがその存在感を高めています。藤井アナのことばは時宜を得て、視聴者の
気持ちに寄り添ったものだから「視聴者の心にささる」と事例と共に紹介。3か月ぶり
に再開した村上さんの「ことば塾」で集めたウイズコロナの嬉しい言葉も紹介します。

放送分を聴く
放送日:2020年6月21日

« 6月14日 第413回放送  | メインに戻る | 6月28日 第415回放送  »