文化放送

鎌田實×村上信夫 日曜は頑張らない

鎌田 實
鎌田 實
(かまた みのる)

医師・作家。1948 年東京生まれ。
東京医科歯科大学医学部卒業。
37年間、医師として地域医療に携わり、チェルノブイリ、イラク、 東日本の被災地支援に取り組む。2009 年ベスト・ファーザー イエローリボン賞(学術・文化部門)受賞。2011年日本放送協会 放送文化賞受賞。
ベストセラー「がんばらない」をはじめ、「なさけないけどあきらめ ない」「ウェットな資本主義」「アハメドくんのいのちのリレー」 「希望」(東京書籍) など著書多数。
現在、諏訪中央病院名誉院長。

村上 信夫
村上 信夫
(むらかみ のぶお)

1953年、京都生まれ。
元NHKエグゼクティブアナウンサー。
2001年から11年に渡り、『ラジオビタミン』や
『鎌田實いのちの対話』など、
NHKラジオの「声」として活躍。
現在は、全国を講演で回り「嬉しい言葉の種まき」を
しながら、文化放送『日曜はがんばらない』
月刊『清流』連載対談などで、新たな境地を開いている。
各地で『ことば磨き塾』主宰。
http://murakaminobuo.com

番組へのメッセージをお待ちいたしております。 メールはコチラ:kamata@joqr.net

2020年7月 6日

7月5日 第417回放送 

「梅干しと緑茶を用意して6時20分の番組始まりを待つ」鎌倉市のKさん。熊谷市の
Wさんは「自分の介護の姿勢・心構えが間違っていないか、迷いながら聴いています」
番組に寄せられたお便り紹介からスタート。今週は「コロナで見直されたヒット曲集」

「新型コロナウイルスの流行」によって、アルベール・カミュの本『ペスト』が読まれ
スティーヴン・ソダーバーグ監督の映画『コンテイジョン』など過去の作品が見直され
音楽も同様です。在宅勤務、ステイホームで"時間があるけど、交流は出来ない!"と
いう状況ゆえに気分を高揚させる応援歌、静かに心の平穏を願う歌、友達を思う歌など
インターネットのダウンロードやストリーミング放送、放送局へのリクエストで以前に
ヒットした曲がリバイバルヒットする現象が起きています。多くの人が聴き直している
邦楽と洋楽を紹介します。まずは、竹内まりや『いのちの歌』です。2008年NHK
の連続テレビ小説『だんだん』の劇中歌で、オリジナルは三倉茉奈と佳奈の主演姉妹。
「人と人との出会い、縁、そして共に生きていくことの尊さ」を歌ったこの曲は放送後
結婚式や卒業式で歌われ親しまれています。今回は作詞担当の竹内まりやバージョン。
2曲目は中島みゆき『糸』です。糸を人に見立て、男女の出逢いの奇跡と絆の大切さを
歌った作品です。この歌に着想を得た映画『糸』が来月公開されます。3曲目はビート
ルズのリンゴ・スター『ウィズ・ア・リトル・ヘルプ・フロム・マイ・フレンズ』です
「友達がほんの少し助けてくれるだけで、僕はなんでもで頑張れるよ!」という趣旨。
最後は「側にいて支えて欲しい」と歌うベン・E・キング『スタンド・バイ・ミー』。
◆『#イラクにマスクを』詳細は「JIM-NETのホームページ」をご覧ください。

放送分を聴く
放送日:2020年7月5日

« 6月28日 第416回放送  | メインに戻る | 7月12日 第418回放送  »