文化放送

鎌田實×村上信夫 日曜は頑張らない

鎌田 實
鎌田 實
(かまた みのる)

医師・作家。1948 年東京生まれ。
東京医科歯科大学医学部卒業。
37年間、医師として地域医療に携わり、チェルノブイリ、イラク、 東日本の被災地支援に取り組む。2009 年ベスト・ファーザー イエローリボン賞(学術・文化部門)受賞。2011年日本放送協会 放送文化賞受賞。
ベストセラー「がんばらない」をはじめ、「なさけないけどあきらめ ない」「ウェットな資本主義」「アハメドくんのいのちのリレー」 「希望」(東京書籍) など著書多数。
現在、諏訪中央病院名誉院長。

村上 信夫
村上 信夫
(むらかみ のぶお)

1953年、京都生まれ。
元NHKエグゼクティブアナウンサー。
2001年から11年に渡り、『ラジオビタミン』や
『鎌田實いのちの対話』など、
NHKラジオの「声」として活躍。
現在は、全国を講演で回り「嬉しい言葉の種まき」を
しながら、文化放送『日曜はがんばらない』
月刊『清流』連載対談などで、新たな境地を開いている。
各地で『ことば磨き塾』主宰。
http://murakaminobuo.com

番組へのメッセージをお待ちいたしております。 メールはコチラ:kamata@joqr.net

2020年10月26日

10月25日 第433回放送 

小林一茶の「うつくしや障子の穴の天の川」は、障子の穴からなんと美しい天の川が見
えるんだろう...という意味ですが、この時季「障子の穴」から見たいものは何ですか?
鎌田さんは「月とススキと団子」と答え、一方の村上さんは木下順二の戯曲『夕鶴』の
ヒロイン「おつう」を挙げます。今回は『秋に聴きたい音楽と詩句』をお届けします。

「左ききのあなたの手紙、右手でなぞってみる真似てみる」夏の日の出来事を機に別れ
た男女を綴ったアリスの『秋止符』です。続いて愛を育む歌は椎名恵『愛を聴かせて』
アバの『落ち葉のメロディー』そして最期はナット・キング・コールの『枯葉』です。
以上、秋のこの時季におススメの音楽を選曲。ディスクジョッキーのように音楽と音楽
の合間は秋にちなんだ俳句や詩を案内。鎌田さんが好きな詩人・中原中也の作品から秋
をテーマにした「あんまり晴れてる秋の空、赤い蜻蛉が飛んでいる」の『蜻蛉に寄す』
と「秋の夜は、はるかの彼方に、小石ばかりの河原があって」の『一つのメルヘン』を
紹介します。山口県出身の中原中也に続いて、山口県ゆかりの童謡詩人・金子みすゞを
村上さんが紹介します。自然の風景をやさしく見つめて、優しさにつらぬかれた彼女の
作品の中から秋にちなみ『梨の芯』を選びました。「梨の芯はすてるもの、だから芯ま
で食べる子、けちんぼよ。梨の芯はすてるもの、だけどそこらへほうる子ずるい子よ」
そのずるい子が捨てた梨の芯を蟻さんが「ありがとよ。」と感謝するという作品です。
中原中也の出生地・湯田温泉街にある『中原中也記念館』と、みすゞが幼少期を過ごし
た書店金子文英堂跡地に建つ『金子みすゞ記念館』を訪れたことがある鎌田さんと村上
さんは、山口県人ならではの気質と作風、時代に翻弄されつつ生きた詩人を語ります。

放送分を聴く
放送日:2020年10月25日

« 10月18日 第432回放送 | メインに戻る | 11月1日 第434回放送  »