文化放送

鎌田實×村上信夫 日曜は頑張らない

鎌田 實
鎌田 實
(かまた みのる)

医師・作家。1948 年東京生まれ。
東京医科歯科大学医学部卒業。
37年間、医師として地域医療に携わり、チェルノブイリ、イラク、 東日本の被災地支援に取り組む。2009 年ベスト・ファーザー イエローリボン賞(学術・文化部門)受賞。2011年日本放送協会 放送文化賞受賞。
ベストセラー「がんばらない」をはじめ、「なさけないけどあきらめ ない」「ウェットな資本主義」「アハメドくんのいのちのリレー」 「希望」(東京書籍) など著書多数。
現在、諏訪中央病院名誉院長。

村上 信夫
村上 信夫
(むらかみ のぶお)

1953年、京都生まれ。
元NHKエグゼクティブアナウンサー。
2001年から11年に渡り、『ラジオビタミン』や
『鎌田實いのちの対話』など、
NHKラジオの「声」として活躍。
現在は、全国を講演で回り「嬉しい言葉の種まき」を
しながら、文化放送『日曜はがんばらない』
月刊『清流』連載対談などで、新たな境地を開いている。
各地で『ことば磨き塾』主宰。
http://murakaminobuo.com

番組へのメッセージをお待ちいたしております。 メールはコチラ:kamata@joqr.net

2020年11月 2日

11月1日 第434回放送 

「読書週間」です。コロナ禍で自宅で過ごす時間が増えたことから「読書量が増えた」
という調査結果が出ています。紙の書籍や雑誌の販売は減少傾向にある一方、電子出版
市場は好調で、中でも電子コミックが伸びているそうです。小学生の頃、図書室の特有
の匂いや雰囲気の中で本選びを楽しんだ思い出は、電子書籍では味わえない体験です。
今回は、絵本大好きの鎌田さんと村上さんが『ボクたちお薦めの絵本』を紹介します。

「絵本は人生で3度読むべきもの」という作家で評論家の柳田邦男さん。まず幼い時、
親になった時、そして3度目は人生の後半に差しかかった時。特に人生後半に読む絵本
は自分のために読むもので、新鮮な感動を呼び覚まされ、心を豊かに耕してくれます。
『空の飛びかた』作:ゼバスティアン・メッシェンモーザー(光村教育図書)は、空を
飛びたいペンギンと男の物語です。肥満気味のペンギンは飛べません。失敗の連続で諦
めかけた時、奇跡のような事が起きます。そのヒントは「ブレーキを外すこと」です。
『ねぇ、ママ?僕のお願い!』作:つんく♂(双葉社)は、音楽プロデューサーとして
活躍中の作者の家庭で出来事を絵本にしました。突然、息子がママに「お願いがある」
と言いながら「要件」を言わない息子にママはやきもき。言えない理由があるのです。
『なまえのないねこ』作:竹下文子(小峰書店)は、商店街で暮らす野良猫が主人公。
猫は「どうして自分だけ名前が無いんだろう」と名前が付いている猫を羨ましがります
が、雨の日に少女から声を掛けられ、欲しかったのは名前ではないことに気づきます。
『おかあさんの目』作:あまんきみこ(あかね書房)は、母の黒い瞳の中に幼い自分を
見つけた3歳頃の思い出。母の瞳の中に次々に映し出された綺麗な風景の意味は何か?

放送分を聴く
放送日:2020年11月1日

« 10月25日 第433回放送  | メインに戻る | 11月8日 第435回放送  »