文化放送

鎌田實×村上信夫 日曜は頑張らない

鎌田 實
鎌田 實
(かまた みのる)

医師・作家。1948 年東京生まれ。
東京医科歯科大学医学部卒業。
37年間、医師として地域医療に携わり、チェルノブイリ、イラク、 東日本の被災地支援に取り組む。2009 年ベスト・ファーザー イエローリボン賞(学術・文化部門)受賞。2011年日本放送協会 放送文化賞受賞。
ベストセラー「がんばらない」をはじめ、「なさけないけどあきらめ ない」「ウェットな資本主義」「アハメドくんのいのちのリレー」 「希望」(東京書籍) など著書多数。
現在、諏訪中央病院名誉院長。

村上 信夫
村上 信夫
(むらかみ のぶお)

1953年、京都生まれ。
元NHKエグゼクティブアナウンサー。
2001年から11年に渡り、『ラジオビタミン』や
『鎌田實いのちの対話』など、
NHKラジオの「声」として活躍。
現在は、全国を講演で回り「嬉しい言葉の種まき」を
しながら、文化放送『日曜はがんばらない』
月刊『清流』連載対談などで、新たな境地を開いている。
各地で『ことば磨き塾』主宰。
http://murakaminobuo.com

番組へのメッセージをお待ちいたしております。 メールはコチラ:kamata@joqr.net

2020年11月30日

11月29日 第438回放送 

石岡市のリスナーから「私はラジオからお二人の話を聞いて、好奇心を広げていこうと
思っています」と投稿いただきました。ヘミングウェイの『キリマンジャロの雪』の中
で主人公は「ひとつだけ俺が絶対に失わなかったのは好奇心」と語ります。鎌田さんは
この言葉に出会い「好奇心を失っていけない」と再確認しました。このように鎌田さん
か感化された本と映画と絵本を紹介します。好奇心アンテナが如何程の反応を示すか?

「本が人生の土台をつくり、映画が心の栄養剤になり、そして絵本が癒しをくれた」と
語る鎌田さん。母親が病身で夏休みも冬休みも何処にも行けない少年時代、そんな家庭
の事情を考慮して担任が冊数制限なしで図書館の本を貸し出してくれました。本を読み
ながら「いつかボクも世界を飛び回れる人間になりたい」と考えていた少年は、読書を
人生の羅針盤として今日に至ります。コロナ禍で移動制限があり時間が出来た鎌田さん
は過去に読んだ本を読み返し、映画を観て、絵本を開きました。そしてそれらの作品を
『鎌田實の人生図書館~あなたを変える本と映画と絵本たち400~』と題して「マガ
ジンハウス」から上梓しました。人生の不条理や死について本から学び、暗闇に身を沈
める快楽を覚えて映画を愛し、人生経験を積んで絵本を読み返す時その余白には新しい
自分を発見することができると個々の作品を鎌田流に読み解きます。例えば好きな作家
の三番目に挙げた宮沢賢治では『春と修羅』を「最も賢治らしい作品」と推奨。中原中
也との意外な結びつきも本書でふれています。北杜夫は『楡家の人々』も素晴らしいが
高校時代に愛読した『どくとるマンボウ航海記』に憧れたという。映画は『第三の男』
をチター演奏と共に紹介。絵本は仕事一筋で生きてきた人に薦める作品を案内します。

放送分を聴く
放送日:2020年11月29日

« 11月22日 第437回放送  | メインに戻る | 12月6日 第439回放送  »