文化放送

鎌田實×村上信夫 日曜は頑張らない

鎌田 實
鎌田 實
(かまた みのる)

医師・作家。1948 年東京生まれ。
東京医科歯科大学医学部卒業。
37年間、医師として地域医療に携わり、チェルノブイリ、イラク、 東日本の被災地支援に取り組む。2009 年ベスト・ファーザー イエローリボン賞(学術・文化部門)受賞。2011年日本放送協会 放送文化賞受賞。
ベストセラー「がんばらない」をはじめ、「なさけないけどあきらめ ない」「ウェットな資本主義」「アハメドくんのいのちのリレー」 「希望」(東京書籍) など著書多数。
現在、諏訪中央病院名誉院長。

村上 信夫
村上 信夫
(むらかみ のぶお)

1953年、京都生まれ。
元NHKエグゼクティブアナウンサー。
2001年から11年に渡り、『ラジオビタミン』や
『鎌田實いのちの対話』など、
NHKラジオの「声」として活躍。
現在は、全国を講演で回り「嬉しい言葉の種まき」を
しながら、文化放送『日曜はがんばらない』
月刊『清流』連載対談などで、新たな境地を開いている。
各地で『ことば磨き塾』主宰。
http://murakaminobuo.com

番組へのメッセージをお待ちいたしております。 メールはコチラ:kamata@joqr.net

2020年12月21日

12月20日 第441回放送

逆境や苦難をプラスに転化する「にもかかわらず」という言葉が、今の時代にぴったり
合っていると思うという鎌田さん。養父の岩次郎さんは病身の妻との苦しい生活を送り
ながらも、一家離散で行き場を失った鎌田さんを養子に迎えました。余裕があるから困
っている子を助けたのではなく、生活苦に陥っていた「にもかかわらず」他人の子を育
てた養父母の生き方に多くを学んだ鎌田さんの「にもかかわらず」という生き方です。

古来ヨーロッパでは、勇気・思慮・節制・寛容・公正の5つは「自然の徳」といわれて
人間が生きる上でもっとも大切なものとされていました。言い換えれば"○○だから、
勇気が必要"とか"××だから、公正でなければならない"と理に則り、順接的に生き
る道を示しています。一方で、信・愛・希望は逆説的に生きる道を示します。例えば、
"彼は失敗し信用を失った「にもかかわらず」彼は人を信じたり愛することもできる"
どんな逆境になっても希望を持つことも出来ます。だから「にもかかわらず」という生
き方は自然の徳を超えた「超自然の徳」と言え、状況を跳ね返す力を持ち、意思の力を
感じさせる生き方を示します。画家の原田泰治さんは、障害と貧乏「にもかかわらず」
希望を持ち続けて世界的画家になりました。友人のさだまさしさんは35億円の借金を
した「にもかかわらず」自己破産すれば楽になるのに、自分を信じてくれた人々を裏切
らず自分を信じて生き抜きました。サックス奏者の坂田明さんは57歳で脳出血になり
指と舌に後遺症が残った「にもかかわらず」トレーナーの指導でリハビリを続けた結果
75歳の今が一番納得の音が出せると言います。人生を好転させる「にもかかわらず」
の40エピソードをまとめた『鎌田式「にもかかわらず」という生き方』発売中です。

放送分を聴く
放送日:2020年12月20日

« 12月13日 第440回放送  | メインに戻る | 12月27日 第442回放送  »