文化放送

鎌田實×村上信夫 日曜は頑張らない

鎌田 實
鎌田 實
(かまた みのる)

医師・作家。1948 年東京生まれ。
東京医科歯科大学医学部卒業。
37年間、医師として地域医療に携わり、チェルノブイリ、イラク、 東日本の被災地支援に取り組む。2009 年ベスト・ファーザー イエローリボン賞(学術・文化部門)受賞。2011年日本放送協会 放送文化賞受賞。
ベストセラー「がんばらない」をはじめ、「なさけないけどあきらめ ない」「ウェットな資本主義」「アハメドくんのいのちのリレー」 「希望」(東京書籍) など著書多数。
現在、諏訪中央病院名誉院長。

村上 信夫
村上 信夫
(むらかみ のぶお)

1953年、京都生まれ。
元NHKエグゼクティブアナウンサー。
2001年から11年に渡り、『ラジオビタミン』や
『鎌田實いのちの対話』など、
NHKラジオの「声」として活躍。
現在は、全国を講演で回り「嬉しい言葉の種まき」を
しながら、文化放送『日曜はがんばらない』
月刊『清流』連載対談などで、新たな境地を開いている。
各地で『ことば磨き塾』主宰。
http://murakaminobuo.com

番組へのメッセージをお待ちいたしております。 メールはコチラ:kamata@joqr.net

2020年12月29日

12月27日 第442回放送 

今年最後の放送です。新型コロナウイルスの感染拡大や五輪延期など、想定外の1年で
した。そんな中で心が晴れる明るいニュースもありました。暗いニュースはさておいて
鎌田&村上両人が明るい・楽しいニュースを紹介しながら2020年を締め括ります。

来年に繋がる明るい兆しとして開口一番は「大相撲」の話題。1月場所は「徳勝龍」が
20年ぶりの幕尻力士優勝。7月はケガで序二段まで落ちた「照ノ冨士」が復調優勝。
9月は「正代」が熊本県出身力士として初優勝を飾り、熊本の被災地に元気を与えて、
11月場所の千秋楽では「貴景勝」が本来の押し相撲で2度目の賜杯を手にしました。
「将棋界」では、藤井聡太七段が17歳11か月で「棋聖」を奪取してタイトル獲得の
史上最年少記録を30年ぶりに更新。翌8月に「王位」も獲得し史上初の「十代二冠」
となり11月には史上最年少・最高勝率で公式戦200勝を達成する快挙。その王位戦
の「封じ手」がチャリティオークションに出品され収益金は九州豪雨被災地への義援金
として寄付されました。日本独自の技術で打ち上げた小惑星探査機「はやぶさ2」が6
年半の旅を終え小惑星リュウグウから「黒い砂粒」を持ち帰り、スーパーコンピュータ
「富岳」は演算速度など4部門で世界一を維持。その冷却装置の部品は長野県岡谷市の
金属精密加工会社が担当しました。更に浅間山の麓の御代田町ではお年寄りや障害者が
作った「ライ麦ストロー」を販売し、脱プラスチックに一役かっていると地元長野県の
話題を鎌田さんが紹介します。才能に溢れ、一時代を築いた方々が鬼籍に入りましたが
志村けんさんと岡江久美子さんは「新型コロナによる肺炎」で別れの言葉も遺せずに旅
立つ無念。詩人の堤江実さんは「最期の言葉」をホームページに遺して旅立ちました。

放送分を聴く
放送日:2020年12月27日

« 12月20日 第441回放送 | メインに戻る | 1月3日 第443回放送  »