文化放送

鎌田實×村上信夫 日曜は頑張らない

鎌田 實
鎌田 實
(かまた みのる)

医師・作家。1948 年東京生まれ。
東京医科歯科大学医学部卒業。
37年間、医師として地域医療に携わり、チェルノブイリ、イラク、 東日本の被災地支援に取り組む。2009 年ベスト・ファーザー イエローリボン賞(学術・文化部門)受賞。2011年日本放送協会 放送文化賞受賞。
ベストセラー「がんばらない」をはじめ、「なさけないけどあきらめ ない」「ウェットな資本主義」「アハメドくんのいのちのリレー」 「希望」(東京書籍) など著書多数。
現在、諏訪中央病院名誉院長。

村上 信夫
村上 信夫
(むらかみ のぶお)

1953年、京都生まれ。
元NHKエグゼクティブアナウンサー。
2001年から11年に渡り、『ラジオビタミン』や
『鎌田實いのちの対話』など、
NHKラジオの「声」として活躍。
現在は、全国を講演で回り「嬉しい言葉の種まき」を
しながら、文化放送『日曜はがんばらない』
月刊『清流』連載対談などで、新たな境地を開いている。
各地で『ことば磨き塾』主宰。
http://murakaminobuo.com

番組へのメッセージをお待ちいたしております。 メールはコチラ:kamata@joqr.net

2021年1月12日

1月10日 第444回放送 

新型コロナウイルスの感染拡大が止まらず、政府は7日に東京・埼玉・千葉・神奈川の
「1都3県」を対象として2度目の「緊急事態宣言」を発令しました。感染者を減らし
医療体制が破綻するリスクを下げることに主眼を置いています。コロナ対応に批判的な
声もありますが医療者の鎌田さんは「事ここに及んでは、協力しながらコロナ禍を過ご
すのが大事です」といいます。今回は『この時季におススメの音楽』をお届けします。

帰省や初詣など年末年始の慣例行事が感染拡大防止のために自粛や中止、小規模実施と
なりました。さだまさしさんも恒例の『年越しカウントダウンライブ』を急遽中止して
それに替わる『ゆく年くる年 さだまさし 生配信』と銘打った「無観客配信ライブ」を
実施しました。そんなさださんが「幾つになっても郷土へ帰るのはいいもんだ」と歌う
年末年始の両親の姿を描いた『寒北斗』をお届けします。続いては鎌田さんの十八番で
もある北原ミレイさん歌唱の『石狩挽歌』です。作詞をしたなかにし礼さんの訃報が年
の瀬に届きました。番組ゲストにお迎えしたときは「再発がんに克つ」を話題に如何に
生きるかを語りました。旧満州生まれで終戦時に死線を越えて帰還したという過酷な引
き揚げ体験があり反戦を訴える人でもありました。満州から引き揚げてきた中西一家は
小樽の朝里浜に居を構え、家を担保に入れてニシン漁をしましたが事業に失敗して一家
離散の憂き目にあいました。そんな少年時代の過酷な想い出が詞に込められています。
3曲目は『宗谷岬』です。北海道の宗谷岬にはサハリンの方角を眺める間宮林蔵の像と
「日本最北端の地」という碑が建っています。作曲家の船村徹さんは宗谷岬に特別の思
い入れがあり作品を発表。現地の「音楽碑」でも流れている歌唱は千葉紘子さんです。

放送分を聴く
放送日:2021年1月10日

« 1月3日 第443回放送  | メインに戻る