文化放送

鎌田實×村上信夫 日曜は頑張らない

鎌田 實
鎌田 實
(かまた みのる)

医師・作家。1948 年東京生まれ。
東京医科歯科大学医学部卒業。
37年間、医師として地域医療に携わり、チェルノブイリ、イラク、 東日本の被災地支援に取り組む。2009 年ベスト・ファーザー イエローリボン賞(学術・文化部門)受賞。2011年日本放送協会 放送文化賞受賞。
ベストセラー「がんばらない」をはじめ、「なさけないけどあきらめ ない」「ウェットな資本主義」「アハメドくんのいのちのリレー」 「希望」(東京書籍) など著書多数。
現在、諏訪中央病院名誉院長。

村上 信夫
村上 信夫
(むらかみ のぶお)

1953年、京都生まれ。
元NHKエグゼクティブアナウンサー。
2001年から11年に渡り、『ラジオビタミン』や
『鎌田實いのちの対話』など、
NHKラジオの「声」として活躍。
現在は、全国を講演で回り「嬉しい言葉の種まき」を
しながら、文化放送『日曜はがんばらない』
月刊『清流』連載対談などで、新たな境地を開いている。
各地で『ことば磨き塾』主宰。
http://murakaminobuo.com

番組へのメッセージをお待ちいたしております。 メールはコチラ:kamata@joqr.net

2021年1月 4日

1月3日 第443回放送 

令和3年はコロナ禍で不安と期待、除災を願う年明けとなりました。今年の干支は辛丑
(かのとうし)です。十干十二支はそれぞれ植物の一生を表しており「辛」は「草木が
枯れ新しくなろうとしている状態」で「丑」は「種から芽が出ようとする状態」とか。
新たなスタートの兆しを感じますが、時代の変わり目を察知した鎌田&村上対談です。

昨年は新型コロナウイルスの感染拡大で世界中が予想外の展開を余儀なくされました。
海外ではワクチン接種が始まりましたが、いつ禍から回復できるのかが気になります。
米国は自国第一主義から国際協調を重視する政権に交代し国際社会は転換期を迎えます
が、そんな中での世界的な「脱CO2」の動き。2050年までに「温室効果ガス排出
を全体としてゼロ」にする「脱炭素社会の実現を目指す」と日本政府も宣言しました。
自動車についてはガソリン車から電気自動車へという世界的な規制が動き出しています
が、現在各国が打ち出しているCO2実質ゼロ目標や、ガソリン車新車販売禁止の目標
については、理念が先行して議論が不足しており、ある程度の現実路線に軌道修正する
時期が来るという見方もあります。鎌田さんは日本が世界をリードしてきた自動車産業
がこれからも先頭を走り続ける為には今年から真摯に取り組む必要があるといいます。
また、デジタル化が進む年になるだろうと予測。更に個人的には新年を機に「らしくな
い生き方」をしようと決意し"へえ鎌田はこんなことをするのか?"と言われるような
1年にしたいと吐露。コロナ禍の間に新しい人間を目指してモデルチェンジするとか。
一方の村上さん「今年も嬉しいことばの種まきをして日本中に笑顔の花が咲く手伝いを
する所存」と抱負を語ります。辛の上の亠を土に替えれば幸になります。幸多き年に!

放送分を聴く
放送日:2021年1月3日

« 12月27日 第442回放送  | メインに戻る | 1月10日 第444回放送  »