文化放送

鎌田實×村上信夫 日曜は頑張らない

鎌田 實
鎌田 實
(かまた みのる)

医師・作家。1948 年東京生まれ。
東京医科歯科大学医学部卒業。
37年間、医師として地域医療に携わり、チェルノブイリ、イラク、 東日本の被災地支援に取り組む。2009 年ベスト・ファーザー イエローリボン賞(学術・文化部門)受賞。2011年日本放送協会 放送文化賞受賞。
ベストセラー「がんばらない」をはじめ、「なさけないけどあきらめ ない」「ウェットな資本主義」「アハメドくんのいのちのリレー」 「希望」(東京書籍) など著書多数。
現在、諏訪中央病院名誉院長。

村上 信夫
村上 信夫
(むらかみ のぶお)

1953年、京都生まれ。
元NHKエグゼクティブアナウンサー。
2001年から11年に渡り、『ラジオビタミン』や
『鎌田實いのちの対話』など、
NHKラジオの「声」として活躍。
現在は、全国を講演で回り「嬉しい言葉の種まき」を
しながら、文化放送『日曜はがんばらない』
月刊『清流』連載対談などで、新たな境地を開いている。
各地で『ことば磨き塾』主宰。
http://murakaminobuo.com

番組へのメッセージをお待ちいたしております。 メールはコチラ:kamata@joqr.net

2021年2月 1日

1月31日 第447回放送

『恋は、遠い日の花火ではない』コピーライターの小野田隆雄さんが洋酒キャンペーン
のために四半世紀前に書いた一行です。俳優の長塚京三さんや田中裕子さんが出演した
CMを覚えている方もいるでしょう。とっくに過去の出来事になっていた「恋」をいや
まだあるかも?と勇気づける30秒のストーリーです。今回は「シニアがより良く生き
るための心と体の整え方」と題して「恋バナ」や「おススメの運動」を語り合います。

現在67歳の村上さんが今後を見据えて「どう生きようか」と考えていたときに書店で
見つけたのが、精神科医の和田秀樹さん著『六十代と七十代 心と体の整え方』です。
和田さんは老人や高齢者と呼ばずに「高年」と呼ぼうと提唱。高年者が社会のお荷物や
やっかい者視されるのを疑問視。年金・介護・医療の問題、少子高齢化や財政赤字の原
因まで、高年者に押し付けられている現状はおかしい等々。そして「我慢しながら生き
るなんて、人生の無駄使い」とまで言い切り「自分は自分、人は人」胸を張ってわが道
を行けばいい!とアドバイス。そして『恋は、遠い日の花火ではない』といい、刺激は
何よりの良薬、刺激は脳と身体を活性化するからです。高年世代の理想的生活は「心は
ノンビリ、脳と体は活発に」といいます。番組の後半は、鎌田さんがコロナ禍でいかに
体を動かし「コロナ虚弱」にならないことが重要と説きます。予防には「片足立ち」と
「フロントランジ」という運動を紹介。片足立ちは、テーブルなどの脇に立ち、捕まり
ながら片足をあげて1分間キープします。これを左右1回ずつ、1日3セットします。
フロントランジは、片足を大きく前に踏み出して、太ももが床と平行になるまで沈み込
みます。続いて一方の足も同様に踏み出し、この繰り返しを20回。1日1回します。

放送分を聴く
放送日:2021年1月31日

« 1月24日 第446回 放送 | メインに戻る | 2月7日 第448回放送  »