文化放送

鎌田實×村上信夫 日曜は頑張らない

鎌田 實
鎌田 實
(かまた みのる)

医師・作家。1948 年東京生まれ。
東京医科歯科大学医学部卒業。
37年間、医師として地域医療に携わり、チェルノブイリ、イラク、 東日本の被災地支援に取り組む。2009 年ベスト・ファーザー イエローリボン賞(学術・文化部門)受賞。2011年日本放送協会 放送文化賞受賞。
ベストセラー「がんばらない」をはじめ、「なさけないけどあきらめ ない」「ウェットな資本主義」「アハメドくんのいのちのリレー」 「希望」(東京書籍) など著書多数。
現在、諏訪中央病院名誉院長。

村上 信夫
村上 信夫
(むらかみ のぶお)

1953年、京都生まれ。
元NHKエグゼクティブアナウンサー。
2001年から11年に渡り、『ラジオビタミン』や
『鎌田實いのちの対話』など、
NHKラジオの「声」として活躍。
現在は、全国を講演で回り「嬉しい言葉の種まき」を
しながら、文化放送『日曜はがんばらない』
月刊『清流』連載対談などで、新たな境地を開いている。
各地で『ことば磨き塾』主宰。
http://murakaminobuo.com

番組へのメッセージをお待ちいたしております。 メールはコチラ:kamata@joqr.net

2021年2月 8日

2月7日 第448回放送 

東北地方を中心に甚大な被害をもたらした東日本大震災から3月11日で10年を迎え
ます。震災直後から幾度となく被災地を訪れては現地の暮らしぶりや復興の状況、支援
について番組で取り上げてきた鎌田さん。福島・岩手・宮城の「人」にスポットを当て
震災の経験は私たちに何を残したのか?これからどう活かすのか?を一緒に考えます。

「大震災からもうすぐ10年」3回シリーズの初回に登場するのは、福島県南相馬市で
『株式会社北洋舎クリーニング』を経営し市民団体『まなびあい南相馬』代表も務める
高橋美加子さん。震災前に鎌田さんの講演会で知り合い、震災直後に医療支援で被災地
入りした鎌田さんの協力者として動いてくれた高橋さん。未曽有の惨事を前に被災地の
人々は大きく傷つき、怒りの矛先を行政や東電にぶつけて、悲しみの連鎖が南相馬市を
覆っていました。その時に「いがみ合っても町の再生には繋がらない」から「ありがと
うからはじめよう」と提唱したのが『つながろう南相馬』の高橋さん、須藤英治さんと
宮森佑治さんの3人組で、南相馬の人間復興を唱えました。震災から3か月後の6月に
鎌田さんとサプライズゲストのさだまさしさんによる講演&ライブを開催し、中学校の
体育館には1000人を超す聴衆が集まり、震災後に初めて泣いた笑ったと多くの人に
感謝され、この講演会が南相馬の風を変えたと言われているそうです。10年経って今
高橋さんは「大津波や原発事故を経験した若者に期待する」と言います。マイナスから
スタートして、町が再生する姿を目の当たりにし、人々のいさかいも、助け合いも見て
成長した彼らは、震災体験を踏まえて自由な発想から人生を考え始めているそうです。
なお、療養中の村上さんに替わって文化放送の石川真紀アナウンサーが担当しました。

放送分を聴く
放送日:2021年2月7日

« 1月31日 第447回放送 | メインに戻る | 2月14日 第449回放送  »