文化放送

鎌田實×村上信夫 日曜は頑張らない

鎌田 實
鎌田 實
(かまた みのる)

医師・作家。1948 年東京生まれ。
東京医科歯科大学医学部卒業。
37年間、医師として地域医療に携わり、チェルノブイリ、イラク、 東日本の被災地支援に取り組む。2009 年ベスト・ファーザー イエローリボン賞(学術・文化部門)受賞。2011年日本放送協会 放送文化賞受賞。
ベストセラー「がんばらない」をはじめ、「なさけないけどあきらめ ない」「ウェットな資本主義」「アハメドくんのいのちのリレー」 「希望」(東京書籍) など著書多数。
現在、諏訪中央病院名誉院長。

村上 信夫
村上 信夫
(むらかみ のぶお)

1953年、京都生まれ。
元NHKエグゼクティブアナウンサー。
2001年から11年に渡り、『ラジオビタミン』や
『鎌田實いのちの対話』など、
NHKラジオの「声」として活躍。
現在は、全国を講演で回り「嬉しい言葉の種まき」を
しながら、文化放送『日曜はがんばらない』
月刊『清流』連載対談などで、新たな境地を開いている。
各地で『ことば磨き塾』主宰。
http://murakaminobuo.com

番組へのメッセージをお待ちいたしております。 メールはコチラ:kamata@joqr.net

2021年6月23日

6月20日 第467回放送 

東京など7つの都道府県では緊急事態宣言が解除され21日からまん延防止措置に切り
替わります。但しコロナ禍で生活する状況は変わらないので留意することは同じです。
天候不順で体調を崩し易い時季でもあり『ドクター鎌田の健康講座』をお送りします。

マスク生活が続く中で気温が上昇し「熱中症」の心配があります。熱中症は気温が高い
などの環境下で、体温調節の機能が働かず、体内に熱がこもってしまうので起こります
小さな子どもや高齢者、病気の方などは特に熱中症になりやすいため注意が必要です。
熱中症にならないために、新型コロナウイルス感染防止のための「3密」を避けながら
十分な対策を行いましょう!マスクをしていると水分補給がどうしても後手に回ります
喉が渇く前にこまめに水分を補給すること。目安は1日あたり1.2リットル以上です
たくさん汗をかいた時は、スポーツドリンクや塩あめなどで水分とともに塩分も補給。
2メートルのソーシャルディスタンスを確保できれば、マスクを外してもいいのです。
さらに暑さに備えた「体作り」を心掛け、毎日の生活で「貯筋」をしましょう!筋肉の
保水率は75%以上で水分を保持する力があります。筋肉が薄くなってサルコペニアと
いう萎縮がおきると熱中症にかかりやすくなるので、スクワット等で貯筋しましょう。
コロナ禍でままならない生活が続いてストレスがたまります。精神的に疲れ易い人には
「行動パターンを変えてみるのはどうか」と助言する鎌田さん。リスク回避傾向の強い
慎重派の人は、ちょっとだけでも新しい事にチャレンジしてみる。逆にリスクを冒して
も行動する冒険派の人は、今はじっくり考えじっと我慢する時。このように行動を変え
てみる事で心の疲れが緩和され、生き方の幅を広げるチャンスになるかもしれません。

放送分を聴く
放送日:2021年6月20日

« 6月13日 第466回放送  | メインに戻る | 6月27日 第468回放送  »