文化放送

鎌田實×村上信夫 日曜は頑張らない

鎌田 實
鎌田 實
(かまた みのる)

医師・作家。1948 年東京生まれ。
東京医科歯科大学医学部卒業。
37年間、医師として地域医療に携わり、チェルノブイリ、イラク、 東日本の被災地支援に取り組む。2009 年ベスト・ファーザー イエローリボン賞(学術・文化部門)受賞。2011年日本放送協会 放送文化賞受賞。
ベストセラー「がんばらない」をはじめ、「なさけないけどあきらめ ない」「ウェットな資本主義」「アハメドくんのいのちのリレー」 「希望」(東京書籍) など著書多数。
現在、諏訪中央病院名誉院長。

村上 信夫
村上 信夫
(むらかみ のぶお)

1953年、京都生まれ。
元NHKエグゼクティブアナウンサー。
2001年から11年に渡り、『ラジオビタミン』や
『鎌田實いのちの対話』など、
NHKラジオの「声」として活躍。
現在は、全国を講演で回り「嬉しい言葉の種まき」を
しながら、文化放送『日曜はがんばらない』
月刊『清流』連載対談などで、新たな境地を開いている。
各地で『ことば磨き塾』主宰。
http://murakaminobuo.com

番組へのメッセージをお待ちいたしております。 メールはコチラ:kamata@joqr.net

2021年8月24日

8月22日 第476回放送 

リスナーさんから「新型コロナウイルスのワクチン接種を終えた人が免疫強化のために
行う3回目の接種は必要か?」という質問が寄せられました。ワクチン接種のほかにも
コロナ自粛での注意すべき病気について『ドクター鎌田の健康講座』をお届けします。

従来の新型コロナウイルスに対しては「2回の接種」で発症予防や重症化を防ぐ効果が
高い確率であることは確認されています。ただ感染力が強い変異ウイルス「デルタ株」
の影響や、たとえ2回のワクチン接種済であっても時間経過とともに抗体が減ることは
判明しているので「感染予防に3回目の接種が必要?」と報道されています。今月から
3回目の接種を始めたのは中東のイスラエルで、イギリスは70歳以上、スウェーデン
は80歳以上の高齢者など重症化するリスクが高い人を対象に秋以降に実施する計画で
アメリカも免疫力の低い人を対象に3回目の追加接種を承認したと発表。日本でも河野
担当大臣が「ワクチン効果は1年くらい持続する。2回打った人は来年は1回でいい」
と述べてワクチンの効果を継続するには3回目の接種が必要との認識を示しています。
一方で、アジアやアフリカなど途上国へのワクチンの供給格差は、一段と広がっており
WHO(世界保険機関)は「先進国の3回目接種を一時的にやめて、医療関係者の接種
さえ終わっていない国にワクチンを回すべき」とワクチンの偏在化を指摘しています。
加えて様々なウイルスと共に生きてきた「人間とウイルスの戦いの歴史」を語ります。
また、コロナ自粛で食べ過ぎや糖質過多の問題点を紹介。糖質は中性脂肪を増やし内臓
脂肪がたまりやすく、血液がドロドロになり血圧上昇、脳梗塞や心筋梗塞の危険あり。
更に内臓脂肪は「脂肪肝」から「肝硬変」や「肝臓がん」になるリスクもあり要注意!

放送分を聴く
放送日:2021年8月22日

« 8月15日 第475回放送  | メインに戻る | 8月29日 第477回放送  »