文化放送

鎌田實×村上信夫 日曜は頑張らない

鎌田 實
鎌田 實
(かまた みのる)

医師・作家。1948 年東京生まれ。
東京医科歯科大学医学部卒業。
37年間、医師として地域医療に携わり、チェルノブイリ、イラク、 東日本の被災地支援に取り組む。2009 年ベスト・ファーザー イエローリボン賞(学術・文化部門)受賞。2011年日本放送協会 放送文化賞受賞。
ベストセラー「がんばらない」をはじめ、「なさけないけどあきらめ ない」「ウェットな資本主義」「アハメドくんのいのちのリレー」 「希望」(東京書籍) など著書多数。
現在、諏訪中央病院名誉院長。

村上 信夫
村上 信夫
(むらかみ のぶお)

1953年、京都生まれ。
元NHKエグゼクティブアナウンサー。
2001年から11年に渡り、『ラジオビタミン』や
『鎌田實いのちの対話』など、
NHKラジオの「声」として活躍。
現在は、全国を講演で回り「嬉しい言葉の種まき」を
しながら、文化放送『日曜はがんばらない』
月刊『清流』連載対談などで、新たな境地を開いている。
各地で『ことば磨き塾』主宰。
http://murakaminobuo.com

番組へのメッセージをお待ちいたしております。 メールはコチラ:kamata@joqr.net

2021年8月31日

8月29日 第477回放送 

男性リスナーさんから「この番組を聴き絵本を再認識。寝室に絵本コーナーができる程
夢中です」という嬉しいメールをいただきました。人生経験豊富な中高年になると絵本
の隙間を読めるようになり新たな発見と楽しみがあります。8月最後の日曜日、夏休み
の宿題の読書感想文を思い出しながら、今週は『ボクたちおススメの本』の特集です。

鎌田さんが選んだ絵本は、佐々木マキ作・絵の『やっぱりおおかみ』福音館書店。一匹
だけ生き残った子ども狼はいつも独りぼっち。毎日仲間を探してうろついていました。
ウサギやヤギの群れなどに会いますが、仲間に入りたいようで、入りたくないのです。
自分に似た子がいないことを悟り「やっぱり俺は狼だもん狼として生きるしかないよ」
子ども狼は独り立ちを決意します。ヒシヒシと孤独が感じられる絵本ですが、不思議と
愉快な気持ちになります。孤独にはマイナス面もある一方で、良い点も沢山あります。
村上さんは直木賞作家・西條奈加著『銀杏手ならい』祥伝社文庫を紹介。子を授かるこ
とができずに離縁され出戻ってきた主人公の萌は、父親の手習所「銀杏堂」を引き継ぐ
ことになりますが、子どもたちへ想いが伝わらずに行き違いが生じる日々。そんなある
日、手習所の前に捨てられていた赤子を引き取り育てる決心をした彼女は、手習所の子
どもたちに寄り添い続けようと決意。育てることは育てられることなのだと知ります。
映画化されて話題の南杏子著『いのちの停車場』幻冬舎は、命を救う医師が命を看取る
立場になり現場で戸惑う姿が描かれます。さらに「積極的安楽死」を望む実父に対して
主治医の立場と娘の立場で揺れまます。映画と違い最後は大どんでん返しが起きます。
107歳の世界的美術家・篠田桃紅著『これでおしまい』講談社は痛快な名言集です。

放送分を聴く
放送日:2021年8月29日

« 8月22日 第476回放送  | メインに戻る | 9月5日 第478回放送  »