文化放送

鎌田實×村上信夫 日曜は頑張らない

鎌田 實
鎌田 實
(かまた みのる)

医師・作家。1948 年東京生まれ。
東京医科歯科大学医学部卒業。
37年間、医師として地域医療に携わり、チェルノブイリ、イラク、 東日本の被災地支援に取り組む。2009 年ベスト・ファーザー イエローリボン賞(学術・文化部門)受賞。2011年日本放送協会 放送文化賞受賞。
ベストセラー「がんばらない」をはじめ、「なさけないけどあきらめ ない」「ウェットな資本主義」「アハメドくんのいのちのリレー」 「希望」(東京書籍) など著書多数。
現在、諏訪中央病院名誉院長。

村上 信夫
村上 信夫
(むらかみ のぶお)

1953年、京都生まれ。
元NHKエグゼクティブアナウンサー。
2001年から11年に渡り、『ラジオビタミン』や
『鎌田實いのちの対話』など、
NHKラジオの「声」として活躍。
現在は、全国を講演で回り「嬉しい言葉の種まき」を
しながら、文化放送『日曜はがんばらない』
月刊『清流』連載対談などで、新たな境地を開いている。
各地で『ことば磨き塾』主宰。
http://murakaminobuo.com

番組へのメッセージをお待ちいたしております。 メールはコチラ:kamata@joqr.net

2021年9月13日

9月12日 第479回放送 

日本でも新型コロナウイルスの変異株「デルタ株」が猛威を振るい感染拡大しています
このデルタ株への正しい理解を広めようと「諏訪中央病院」の玉井道裕先生が手描きで
ヘタウマなイラストを交えて作成した説明書がわかりやすいと県外の自治体も紹介して
います。その説明書『新型コロウイルス感染をのりこえるための説明書・デルタ株編』
は「諏訪中央病院」のホームページでご覧になれますのでご一読をお勧めいたします。
さて『いい言葉は、いい人生を生み出し、いい人生は、いい言葉を生み出す』鎌田さん
の『遊行を生きる』の中にありますが今回は『鎌田&村上のお気に入りの言葉』です。

鎌田さんはパブロ・ピカソのファンで『いかなる創造活動も、はじめは破壊活動だ』が
お気に入りです。また『冒険こそが私の存在理由である』も紹介し、既に高評価の画風
も批判を怖がらずに次々に変えて、新しい時代を切り拓いて生きたピカソの言葉です。
村上さんはオリ・パラの選手が「一瞬」にかけるための5年以上の労苦に想いを馳せな
がらテレビ観戦で拍手を送っていたといい、連日流れた嵐が歌うテーマ曲『カイト』の
『嵐の中をかき分けていく小さなカイトよ悲しみを越えてどこまでも行こうそして帰ろ
う』というフレーズが作詞者米津玄師の敗者への配慮もありそうで気に入ったという。
その他に『よく動く、よく食べる、好奇心を持って生きる、自分流。この4つが百歳を
超えて、生き生きと生きる秘訣だ』は鎌田實の作。還暦過ぎたら『居場所があるか否か
それが60歳以上の人にとって最大の課題』と米大学の研究を紹介しながら、身体に関
わる要素以上に、圧倒的に大事なものがあり、それは「社会とのつながり」だという。
村上さんはドラマのタイトル『しかたなかったと言うてはいかんのです』を挙げます。

放送分を聴く
放送日:2021年9月12日

« 9月5日 第478回放送  | メインに戻る