文化放送

鎌田實×村上信夫 日曜は頑張らない

鎌田 實
鎌田 實
(かまた みのる)

医師・作家。1948 年東京生まれ。
東京医科歯科大学医学部卒業。
37年間、医師として地域医療に携わり、チェルノブイリ、イラク、 東日本の被災地支援に取り組む。2009 年ベスト・ファーザー イエローリボン賞(学術・文化部門)受賞。2011年日本放送協会 放送文化賞受賞。
ベストセラー「がんばらない」をはじめ、「なさけないけどあきらめ ない」「ウェットな資本主義」「アハメドくんのいのちのリレー」 「希望」(東京書籍) など著書多数。
現在、諏訪中央病院名誉院長。

村上 信夫
村上 信夫
(むらかみ のぶお)

1953年、京都生まれ。
元NHKエグゼクティブアナウンサー。
2001年から11年に渡り、『ラジオビタミン』や
『鎌田實いのちの対話』など、
NHKラジオの「声」として活躍。
現在は、全国を講演で回り「嬉しい言葉の種まき」を
しながら、文化放送『日曜はがんばらない』
月刊『清流』連載対談などで、新たな境地を開いている。
各地で『ことば磨き塾』主宰。
http://murakaminobuo.com

番組へのメッセージをお待ちいたしております。 メールはコチラ:kamata@joqr.net

2021年9月29日

9月19日 第480回放送 

先週紹介した『いい言葉はいい人生を生み出し、いい人生はいい言葉を生み出す』を聴
いたリスナーさんから「肝に銘じます」といただきました。これを受けてゲストの神野
美伽さんは『共感をします。そして何気なく発する声も、実は魂の音なんだと思います
だからコロナ禍で魂を込めて歌いたい気持ちが募ります』と開口一番切り出しました。

本名の信野美佳(シンノミカ)の音をそのまま残し『神野美伽』でデビューし38年。
姓名判断によってついたこの芸名には「神様の美(よ)い伽(はなし)を伝える者」と
いう意味が込められているそうです。今まで自身の病気については番組等では語らない
神野さんですが、今回はドクター鎌田が傍らにいた為、3年前に受けた両足の甲の手術
のことや、昨年3月に頸椎化膿性脊椎炎の大手術を受けて、首にメスを前後から入れた
話など自ら吐露しました。そして、貴重な経験を通し「歌うことの意味、喜びを実感し
た」と言います。先月56歳の誕生日に東京のライブレストラン「コットンクラブ」で
開催した公演は、緊急事態宣言が発出されているために入場者を定員の半分に抑えて、
客席の間隔を取り、開演時間も変更して実施。ライブコンセプトの「声」を十二分に堪
能してもらうために幅広いジャンルのアーティストと共演。オリジナル作品はもちろん
演歌ありジャズあり懐かしいスタンダードの名曲ありのソングリストで大好評でした。
また、3月に発売した『満開』は去年韓国の歌手キム・ホジュンが歌い大ヒットした曲
に神野さんが自ら日本語に訳詞してカバーした作品ですが、世情を意識した歌詞です。
さらに、今月発売の新曲『浪花恋おんな』は「日本作曲家協会」と「日本作詩家協会」
が組んで募集した『ソングコンテストグランプリ』のグランプリ曲を神野さんが歌唱。

放送分を聴く
放送日:2021年9月19日

« 9月12日 第479回放送  | メインに戻る | 9月26日 第481回放送  »