文化放送

鎌田實×村上信夫 日曜は頑張らない

鎌田 實
鎌田 實
(かまた みのる)

医師・作家。1948 年東京生まれ。
東京医科歯科大学医学部卒業。
37年間、医師として地域医療に携わり、チェルノブイリ、イラク、 東日本の被災地支援に取り組む。2009 年ベスト・ファーザー イエローリボン賞(学術・文化部門)受賞。2011年日本放送協会 放送文化賞受賞。
ベストセラー「がんばらない」をはじめ、「なさけないけどあきらめ ない」「ウェットな資本主義」「アハメドくんのいのちのリレー」 「希望」(東京書籍) など著書多数。
現在、諏訪中央病院名誉院長。

村上 信夫
村上 信夫
(むらかみ のぶお)

1953年、京都生まれ。
元NHKエグゼクティブアナウンサー。
2001年から11年に渡り、『ラジオビタミン』や
『鎌田實いのちの対話』など、
NHKラジオの「声」として活躍。
現在は、全国を講演で回り「嬉しい言葉の種まき」を
しながら、文化放送『日曜はがんばらない』
月刊『清流』連載対談などで、新たな境地を開いている。
各地で『ことば磨き塾』主宰。
http://murakaminobuo.com

番組へのメッセージをお待ちいたしております。 メールはコチラ:kamata@joqr.net

2021年9月 7日

9月5日 第478回放送 

夢と希望と多くの感動を生んだ「東京2020パラリンピック競技大会」が今夜閉幕。
開会式では佐藤ひらりさんが国歌斉唱、5年前に当番組で語った夢を実現させました。
様々な障がいを補いながら選手が競技を通じて限界に挑戦する姿は、人間の可能性につ
いて考える良い切っ掛けになりました。今回は『想い出の音楽リクエスト特集』です。

1曲目『ハイケンスのセレナーデ』は80歳女性からのリクエストです。戦後まもなく
夕食時のラジオから流れるテーマ曲で、唯一の作品という点が気掛りだったそうです。
作曲者のジョニー・ハイケンスは、1884年オランダで生まれ、ベルギーに留学して
自ら楽団を設立し、指揮者としてヨーロッパ中で活躍しました。戦後は「ナチスの協力
者」として獄中で死亡したので母国では重要な音楽家と見なされずに忘れられました。
2曲目は中村雅俊の『ふれあい』です。コロナ禍で旅に出ることも出来ず、映画館へも
足は遠のいているから好きな音楽を聞かせてほしいとハガキを寄せていただきました。
童謡唱歌の希望が多い中から3曲目に選んだのは『浜辺の歌』歌唱は由紀さおりです。
中高年女性の投稿者は5月頃から体調や気分に変化がありモヤモヤした毎日を送ってい
るとして『ミッドライフ・クライシス』の「成長痛」でしょうか?少し時間が掛かりそ
うですが、少しずつ受け入れて行きたいです...という。なお『浜辺の歌』は2007年
文化庁と日本PTA全国協議会が親子で歌い継ぐ『日本の歌百選』に選ばれています。
4曲目はスティーヴィー・ワンダーの『心の愛』です。80年代の名曲の1つに数えら
れる作品で、日本でもCMやドラマ主題歌にも使われました。「特別な日じゃないけど
君を愛していると言いたくて電話したんだ」というとてもシンプルなラヴソングです。

放送分を聴く
放送日:2021年9月5日

« 8月29日 第477回放送  | メインに戻る | 9月12日 第479回放送  »