文化放送

鎌田實×村上信夫 日曜は頑張らない

鎌田 實
鎌田 實
(かまた みのる)

医師・作家。1948 年東京生まれ。
東京医科歯科大学医学部卒業。
37年間、医師として地域医療に携わり、チェルノブイリ、イラク、 東日本の被災地支援に取り組む。2009 年ベスト・ファーザー イエローリボン賞(学術・文化部門)受賞。2011年日本放送協会 放送文化賞受賞。
ベストセラー「がんばらない」をはじめ、「なさけないけどあきらめ ない」「ウェットな資本主義」「アハメドくんのいのちのリレー」 「希望」(東京書籍) など著書多数。
現在、諏訪中央病院名誉院長。

村上 信夫
村上 信夫
(むらかみ のぶお)

1953年、京都生まれ。
元NHKエグゼクティブアナウンサー。
2001年から11年に渡り、『ラジオビタミン』や
『鎌田實いのちの対話』など、
NHKラジオの「声」として活躍。
現在は、全国を講演で回り「嬉しい言葉の種まき」を
しながら、文化放送『日曜はがんばらない』
月刊『清流』連載対談などで、新たな境地を開いている。
各地で『ことば磨き塾』主宰。
http://murakaminobuo.com

番組へのメッセージをお待ちいたしております。 メールはコチラ:kamata@joqr.net

2021年10月22日

10月17日 第484回放送 

医療の発達や栄養状態、衛生環境の改善によって「人生100年時代」を迎えています
長い人生をどう生きるかは重要な課題です。特に70代からの生き方にレールはありま
せん。この自由なライフステージをいかに充実させるか?70代の鎌田さんは問い続け
『70歳、人生はもっと楽しくなる』を上梓。テーマは『70歳からの生き方』です。

古代インドの聖人は人生を4つの時期に区切りました。「四住期」と言われています。
はじめは「学生(がくしょう)期」。生きるための術を学ぶ時期です。次の「家住(か
じゅう)期」は学びを土台に成熟していく過程です。社会人となり、家族を作ります。
「林住(りんじゅう)期」は森や林に隠せいしながら人間とは?生きるとは?を内省。
人生の問題を解決しようとする時期です。最後に迎えるのが「遊行(ゆぎょう)期」。
70歳から死の準備、人生の締めくくりの時期とも言われます。21世紀の長寿社会に
なった今、死の準備期間だけに充てるには長すぎます。そこで鎌田さんは考えました。
「遊行期」は死の準備ではなく様々なしがらみから解放され、自由に生きられる期間と
考えることにしました。レールがないからこそ様々な可能性がある70歳からの生き方
を説いたのが(だいわ文庫)の『70歳、人生はもっと楽しくなる』です。ニーチェや
アップルコンピュータ社創立者の一人スティーブ・ジョブズの「ステイ・ハングリー、
ステイ・フーリッシュ/渇望して生きろ、馬鹿になれ」という言葉を紹介しています。
あと2年で70歳になる村上さんが紹介するのは精神科医の和田秀樹さん著『70歳が
老化の分かれ道』です。精神科医と内科医の立場の違いから紹介内容に異論もあります
が「気持ちが若く、色んなことを続けている人は、長い間若くいられる」には大賛成。

放送分を聴く
放送日:2021年10月17日

« 10月10日 第483回放送 | メインに戻る | 10月24日 第485回放送  »