文化放送

鎌田實×村上信夫 日曜は頑張らない

鎌田 實
鎌田 實
(かまた みのる)

医師・作家。1948 年東京生まれ。
東京医科歯科大学医学部卒業。
37年間、医師として地域医療に携わり、チェルノブイリ、イラク、 東日本の被災地支援に取り組む。2009 年ベスト・ファーザー イエローリボン賞(学術・文化部門)受賞。2011年日本放送協会 放送文化賞受賞。
ベストセラー「がんばらない」をはじめ、「なさけないけどあきらめ ない」「ウェットな資本主義」「アハメドくんのいのちのリレー」 「希望」(東京書籍) など著書多数。
現在、諏訪中央病院名誉院長。

村上 信夫
村上 信夫
(むらかみ のぶお)

1953年、京都生まれ。
元NHKエグゼクティブアナウンサー。
2001年から11年に渡り、『ラジオビタミン』や
『鎌田實いのちの対話』など、
NHKラジオの「声」として活躍。
現在は、全国を講演で回り「嬉しい言葉の種まき」を
しながら、文化放送『日曜はがんばらない』
月刊『清流』連載対談などで、新たな境地を開いている。
各地で『ことば磨き塾』主宰。
http://murakaminobuo.com

番組へのメッセージをお待ちいたしております。 メールはコチラ:kamata@joqr.net

2021年11月24日

11月21日 第489回放送 

本来「ズボラ」は行動や性格がだらしのないこと、しまりのないことを指す言葉です。
ネガティブな言葉ですが、一方で「ものぐさ感」や「怠慢感」を適度に取り入れること
によって窮屈な思いから解放されることもあります。今回は『ズボラ筋トレ』を紹介。

鎌田さんは健康づくりの手軽な運動例として「スクワット」や「かかと落とし」を説い
てきました。ところが「そればかりやっていると飽きるし、ズボラな人でも続けられる
手軽な運動を教えて欲しい」という声がありました。そこで鎌田さん自身が日頃からし
ている筋トレの「運動レシピ20」を写真と図解と解説付きで一冊の本に纏めました。
『疲れない 太らない ボケない 60代からの鎌田式ズボラ筋トレ』です。ズボラな人
でも無理なく続くお手軽な「運動レシピ」で、何歳になっても自分の足で行きたい所へ
自由に行けるカラダを手に入れるために60代から始めようというズボラな筋トレです
1つの運動が3分以内で5種類やっても15分。ちょっとした隙間時間に、気分転換と
してやることもお勧めです。例えば『壁立て伏せ』は壁から70センチほど離れて立ち
肩の高さで手をハの字につき、自分の体重を利用しながら、ゆっくり肘を曲げ、頭を壁
に近付けて、その後ゆっくり元の位置に戻す。これを10回繰り返し、1日に2回推奨
このように筋肉の強化になるものや、誤嚥性肺炎の予防になる運動なども紹介します。
後半はJIM-NET(ジムネット)の冬季限定キャンペーンの「チョコ募金」です。
現地イラクで治療を続ける子ども達や難民生活を余儀なくされている子ども達と彼らの
家族を支える「チョコ募金」が始まりました。缶の絵を描いてくれた子の逸話も披露。
募金の詳細はインターネットで「ジムネット」か「チョコ募金」で検索してください。

放送分を聴く
放送日:2021年11月21日

« 11月14日 第488回放送  | メインに戻る | 11月28日 第490回放送  »