文化放送

鎌田實×村上信夫 日曜は頑張らない

鎌田 實
鎌田 實
(かまた みのる)

医師・作家。1948 年東京生まれ。
東京医科歯科大学医学部卒業。
37年間、医師として地域医療に携わり、チェルノブイリ、イラク、 東日本の被災地支援に取り組む。2009 年ベスト・ファーザー イエローリボン賞(学術・文化部門)受賞。2011年日本放送協会 放送文化賞受賞。
ベストセラー「がんばらない」をはじめ、「なさけないけどあきらめ ない」「ウェットな資本主義」「アハメドくんのいのちのリレー」 「希望」(東京書籍) など著書多数。
現在、諏訪中央病院名誉院長。

村上 信夫
村上 信夫
(むらかみ のぶお)

1953年、京都生まれ。
元NHKエグゼクティブアナウンサー。
2001年から11年に渡り、『ラジオビタミン』や
『鎌田實いのちの対話』など、
NHKラジオの「声」として活躍。
現在は、全国を講演で回り「嬉しい言葉の種まき」を
しながら、文化放送『日曜はがんばらない』
月刊『清流』連載対談などで、新たな境地を開いている。
各地で『ことば磨き塾』主宰。
http://murakaminobuo.com

番組へのメッセージをお待ちいたしております。 メールはコチラ:kamata@joqr.net

2021年11月12日

11月7日 第487回放送

日曜日の朝「心に残る、あの人のあの言葉」がひとつでもリスナーさんに届けることが
出来ればと願い放送していますが、お陰様で毎回のように感想をお寄せいただきます。
番組初の『お便り特集』として、寄稿されたご本人の電話出演やお便りを紹介します。

◇埼玉県のラジオネーム:ハッチ先生は小学校の教員。コロナ禍で中断していた献血に
行ったという報告です。がん罹患の母親が輸血によって助けられたのを契機に10年前
から恩返しのつもりで続けているとか。献血すると血液検査の結果も知ることが出来る
ので、健康管理と社会貢献の一石二鳥という。昨年は突然3か月間に亘る「学校閉鎖」
になり自宅学習の準備に追われたことや、子供たちのいない建物だけの学校は学校では
ないと実感したことなど電話で話されました。また「加齢に負けず華麗に変態したい」
とオヤジギャグも披露。子供たちの為にも興味や好奇心を持ち続けると言及しました。
◇埼玉県のラジオネーム:マサトシさんは調剤薬局を経営。娘さんが「血栓性血小板減
少性紫斑病」という難病を経験した家族の経験談を寄稿。回復した娘さんは長期入院中
に血漿交換を行なってくれた「臨床工学技士」となり恩返しの気持ちで働いています。
娘さんの病気を機に病院の医療従事者の方々の素晴らしい対応に改めて感謝したこと、
そして、その経験もいま薬を求めて来られる方への接遇に生きているということです。
◇東京都のラジオネーム:エミコさんは視覚障碍者。鎌田さんの『大人の健脳ドリル』
と続編を買ったが図形の設問はアクセスできないので次は音声版も出してという依頼。
出版社に伝えると約束をしつつ「希望の多い出版物には音声版を作る援助金を出す」等
を政府に働きかけて、アクセスしやすくする方法を皆で考えましょうと提案しました。

放送分を聴く
放送日:2021年11月7日

« 10月31日 第486回放送  | メインに戻る | 11月14日 第488回放送  »