文化放送

鎌田實×村上信夫 日曜は頑張らない

鎌田 實
鎌田 實
(かまた みのる)

医師・作家。1948 年東京生まれ。
東京医科歯科大学医学部卒業。
37年間、医師として地域医療に携わり、チェルノブイリ、イラク、 東日本の被災地支援に取り組む。2009 年ベスト・ファーザー イエローリボン賞(学術・文化部門)受賞。2011年日本放送協会 放送文化賞受賞。
ベストセラー「がんばらない」をはじめ、「なさけないけどあきらめ ない」「ウェットな資本主義」「アハメドくんのいのちのリレー」 「希望」(東京書籍) など著書多数。
現在、諏訪中央病院名誉院長。

村上 信夫
村上 信夫
(むらかみ のぶお)

1953年、京都生まれ。
元NHKエグゼクティブアナウンサー。
2001年から11年に渡り、『ラジオビタミン』や
『鎌田實いのちの対話』など、
NHKラジオの「声」として活躍。
現在は、全国を講演で回り「嬉しい言葉の種まき」を
しながら、文化放送『日曜はがんばらない』
月刊『清流』連載対談などで、新たな境地を開いている。
各地で『ことば磨き塾』主宰。
http://murakaminobuo.com

番組へのメッセージをお待ちいたしております。 メールはコチラ:kamata@joqr.net

2021年12月 1日

11月28日 第490回放送 

高齢者や障害者が困っていたら「声をかけよう!」と思いますが、いざ行動に移そうと
しても躊躇う場合があります。それは、どのように声をかければいいか?どうサポート
出来るのか?相手のことがわからないからです。この「わからない」ことを知れば行動
に移せます。今回は村上さんが最近取得した『ユニバーサルマナー検定』の話題です。


高齢者、障害者、外国人、多種多様な方々を街で見かけます。自分とは違う相手の視点
に立って行動することを知れば、難しいことではなく「心遣いの一つ」で、多様な方々
と向き合うための「マインド」と「アクション」それが「ユニバーサルマナー」です。
ハード(設備)を変えることが出来なくても、一人ひとりの「ハート」は変えることは
可能です。自分とは違う誰かのことを考えられる社会、困っている人がいたら行動して
助け合える社会。誰もが安心して、楽しく過ごせる社会を実現したいと考案しました。
『ユニバーサルマナー検定』は、実践に必要な「マインド」と「アクション」を体系的
に学び、身につける為のものです。検定3級は高齢者や障害者への基本的な向き合い方
やお声がけ方法を学ぶ導入の為の講座です。検定2級は車いすの操作方法、全盲体験、
聴覚障害体験など、実践的なサポート方法とより詳しい知識を学ぶ講座。そして1級は
当事者のリアルにふれる体験を通して、自身の価値観や世界観をひろげる講座。実施後
認定のためにレポートを提出。一連の受講を終え村上さんは「1級」を取得しました。
「助け合いで楽になる」という話を鎌田さんが紹介。百ドル札で有名なベンジャミン・
フランクリンは「私が自分だけの為に働いていた時は、自分しか働かなかった。しかし
人の為に働くようになってからは、人も私の為に働いてくれたのだ」という逸話です。

放送分を聴く
放送日:2021年11月28日

« 11月21日 第489回放送  | メインに戻る | 12月5日 第491回放送  »