文化放送

鎌田實×村上信夫 日曜は頑張らない

鎌田 實
鎌田 實
(かまた みのる)

医師・作家。1948 年東京生まれ。
東京医科歯科大学医学部卒業。
37年間、医師として地域医療に携わり、チェルノブイリ、イラク、 東日本の被災地支援に取り組む。2009 年ベスト・ファーザー イエローリボン賞(学術・文化部門)受賞。2011年日本放送協会 放送文化賞受賞。
ベストセラー「がんばらない」をはじめ、「なさけないけどあきらめ ない」「ウェットな資本主義」「アハメドくんのいのちのリレー」 「希望」(東京書籍) など著書多数。
現在、諏訪中央病院名誉院長。

村上 信夫
村上 信夫
(むらかみ のぶお)

1953年、京都生まれ。
元NHKエグゼクティブアナウンサー。
2001年から11年に渡り、『ラジオビタミン』や
『鎌田實いのちの対話』など、
NHKラジオの「声」として活躍。
現在は、全国を講演で回り「嬉しい言葉の種まき」を
しながら、文化放送『日曜はがんばらない』
月刊『清流』連載対談などで、新たな境地を開いている。
各地で『ことば磨き塾』主宰。
http://murakaminobuo.com

番組へのメッセージをお待ちいたしております。 メールはコチラ:kamata@joqr.net

2021年12月28日

12月26日 第494回放送 

一年の世相を表す今年の漢字(日本漢字能力検定協会主催)は『金』が選ばれました。
東京オリ・パラで日本人選手が多くの金メダルを獲得、大谷翔平選手や松山英樹選手の
活躍、藤井聡太棋士の最年少四冠達成など国内外で「金」字塔が打ち立てられました。
今年最後の放送は鬼籍に入られた方々の「金」言と共に、故人の想いを振り返ります。

認知症診療の第一人者で、自らの認知症も公表した精神科医の長谷川和夫さん。功績の
一つは認知症疑いを調べるテスト形式の検査『長谷川式簡易知能評価スケール』を開発
また、認知症患者の尊厳を守る活動として「痴呆」という用語を「認知症」に変更し、
最晩年は「認知症を取り巻く町づくり」の重要性を説き、各自治体に働きかけました。
戦史研究家で作家の半藤一利さん。遺稿を『戦争というもの』と題して出版しました。
「人間は同じ過ちを繰り返してしまう生き物だからこそ、肝に銘じなくてはならない」
として半藤さんの遺言は「人間の眼は、歴史を学ぶことで、はじめて開くものである」
「戦争は、国家を豹変させる。歴史を学ぶ意味はそこにある」と教訓を遺しています。
「もう少し寝るわ」と言って永遠の眠りについた霊長類学者の河合雅雄さん。少年時代
も晩年も丹波の里山を歩き「丹波の山猿」を自認。大好きな歌として生き物が皆協力し
合って生きていることがわかる『手のひらを太陽に』を挙げています。児童文学界戦後
最大のミリオンセラー『ズッコケ三人組』の生みの親で児童文学作家の那須正幹さん。
芥川賞作家らしくない「芥川賞作家」の高橋三千綱さんは鎌田さんと同い年で、がんと
肝硬変、重度の糖尿病を患いながらも病気にも負けず三千綱節を全うした人生でした。
元麒麟児の垂沢和春さん、エレキ奏者寺内タケシさん、瀬戸内寂聴さんを偲びました。

放送分を聴く
放送日:2021年12月26日

« 12月19日 第493回放送  | メインに戻る | 1月2日 第495回放送  »