文化放送

鎌田實×村上信夫 日曜は頑張らない

鎌田 實
鎌田 實
(かまた みのる)

医師・作家。1948 年東京生まれ。
東京医科歯科大学医学部卒業。
37年間、医師として地域医療に携わり、チェルノブイリ、イラク、 東日本の被災地支援に取り組む。2009 年ベスト・ファーザー イエローリボン賞(学術・文化部門)受賞。2011年日本放送協会 放送文化賞受賞。
ベストセラー「がんばらない」をはじめ、「なさけないけどあきらめ ない」「ウェットな資本主義」「アハメドくんのいのちのリレー」 「希望」(東京書籍) など著書多数。
現在、諏訪中央病院名誉院長。

村上 信夫
村上 信夫
(むらかみ のぶお)

1953年、京都生まれ。
元NHKエグゼクティブアナウンサー。
2001年から11年に渡り、『ラジオビタミン』や
『鎌田實いのちの対話』など、
NHKラジオの「声」として活躍。
現在は、全国を講演で回り「嬉しい言葉の種まき」を
しながら、文化放送『日曜はがんばらない』
月刊『清流』連載対談などで、新たな境地を開いている。
各地で『ことば磨き塾』主宰。
http://murakaminobuo.com

番組へのメッセージをお待ちいたしております。 メールはコチラ:kamata@joqr.net

2021年12月 8日

12月5日 第491回放送 

「元気ハツラツ!」は1965年(昭和40年)高度成長期を代表する名コピーです。
半世紀以上前に多くの「モーレツ社員」に支持され、現在は彼らの孫世代にも飲まれて
いるロングセラー商品ですが、そのキャラクターを長年つとめた"崑ちゃん"こと俳優
の大村崑さんは今も現役です。しかも、齢90の今が心身ともに一番健康と語ります。

1931年(昭和6年)生まれの大村崑さん。幼い頃はしょっちゅう風邪をひいたり、
熱を出したりして医者通い。虚弱体質で目は生まれついての弱視で小学2年から眼鏡を
使用、左耳も鼓膜に傷がついたせいで小学生の頃から難聴気味。おまけに19歳のとき
に肺結核に罹り、左の肺を切除しています。担当医から"40歳までは生きられないだ
ろう"と言われてしまいました。限られた命ならば「好きな喜劇の道へ進みたい!」と
決心し、キャバレーのボーイから司会者となり、さらにコメディアンへ転身しました。
昭和30年代、黎明期のテレビ軽演劇『番頭はんと丁稚どん』や『とんま天狗』などに
出演し一世を風靡してお茶の間に人気者になり、司会者としても活躍。58歳の時には
大腸がんの手術も受けています。19歳で片肺切除して以来、元気意識を持てなかった
大村崑さんが、86歳で人生が一変する出会いを経験します。それは「筋トレジム」に
通い始めて、トレーナーの指導でスクワット、バーベル、ダンベルと身体に負荷をかけ
るトーレ―ニングと並行して食事内容も改善しました。今では120歳まで生きる目標
を立て、出演ドラマの設定に合わせて「赤い霊柩車」に乗って大好きなコスモスの中で
送られたいと語ります。大村さんの「笑って泣けて筋トレまで出来るご長寿エッセイ」
『崑ちゃん90歳今が一番、健康です!』は笑いと健康維持の大切さを説いています。

放送分を聴く
放送日:2021年12月5日

« 11月28日 第490回放送  | メインに戻る | 12月12日 第492回放送  »