文化放送

鎌田實×村上信夫 日曜は頑張らない

鎌田 實
鎌田 實
(かまた みのる)

医師・作家。1948 年東京生まれ。
東京医科歯科大学医学部卒業。
37年間、医師として地域医療に携わり、チェルノブイリ、イラク、 東日本の被災地支援に取り組む。2009 年ベスト・ファーザー イエローリボン賞(学術・文化部門)受賞。2011年日本放送協会 放送文化賞受賞。
ベストセラー「がんばらない」をはじめ、「なさけないけどあきらめ ない」「ウェットな資本主義」「アハメドくんのいのちのリレー」 「希望」(東京書籍) など著書多数。
現在、諏訪中央病院名誉院長。

村上 信夫
村上 信夫
(むらかみ のぶお)

1953年、京都生まれ。
元NHKエグゼクティブアナウンサー。
2001年から11年に渡り、『ラジオビタミン』や
『鎌田實いのちの対話』など、
NHKラジオの「声」として活躍。
現在は、全国を講演で回り「嬉しい言葉の種まき」を
しながら、文化放送『日曜はがんばらない』
月刊『清流』連載対談などで、新たな境地を開いている。
各地で『ことば磨き塾』主宰。
http://murakaminobuo.com

番組へのメッセージをお待ちいたしております。 メールはコチラ:kamata@joqr.net

2022年1月21日

1月16日 第497回放送 

"春は名のみの 風の寒さや 谷のうぐいす 歌は思えど"の歌い出しで有名な唱歌の
『早春賦』は、作詞の吉丸一昌が長野県の安曇野周辺を訪れた時の雪解け風景に感銘を
受けて書き上げたとされています。江戸川区のリスナーさんは「孫の書き初め」を見て
「この歌をリクエストします」といただきました。今回は『リクエスト曲特集』です。

村上さんの「書き初め」は「一期一会」ならぬ「一期一笑」で今年は笑顔を忘れずに!
書き初めをしなかった鎌田さんは、急遽放送中に「待ってました晩年」と書きました。
続いてのリクエスト曲は武蔵野市のリスナーさんから寄せられた『慕情』です。かつて
日本人には人気の旅行先だった香港ですが、民主化運動の影響などもあり観光客は減り
ました。返還前の香港を知る人々にとっては「あの頃の香港は良かった」となります。
『慕情』は1955年に公開された映画で、第二次世界大戦が終わった直後の物語です
香港の女性医師ハンとアメリカ人特派員マークの出逢いと別れ。2人で過ごした丘を訪
れたハンが想い出に浸るシーンで流れます。映画はフォー・エイセスが歌っていますが
今回はアンディ・ウィリアムスでお届けします。3曲目は山口百恵の『冬の色』です。
「百恵さんと生年月日が同じなのでデビュー以来ファン」という大田区のリスナーさん
奇しくも放送翌日に63歳の誕生日を迎えるとあって、鎌田さんと村上さんは「百恵さ
んも63歳になるんだ。それにしても引退の引き際といい、その後といい天晴だねぇ」
と称えていました。4曲目のスリー・ディグリーズ『天使のささやき』は中学生のころ
からラジオで洋楽を聴いていたという松戸市のリスナーさんのリクエスト。1974年
当時の鎌田さん「東京で医師になるか、地方か」考えながら聴いた想い出の曲と吐露。

放送分を聴く
放送日:2022年1月16日

« 1月9日 第496回放送  | メインに戻る | 1月23日 第498回放送  »