文化放送

鎌田實×村上信夫 日曜は頑張らない

鎌田 實
鎌田 實
(かまた みのる)

医師・作家。1948 年東京生まれ。
東京医科歯科大学医学部卒業。
37年間、医師として地域医療に携わり、チェルノブイリ、イラク、 東日本の被災地支援に取り組む。2009 年ベスト・ファーザー イエローリボン賞(学術・文化部門)受賞。2011年日本放送協会 放送文化賞受賞。
ベストセラー「がんばらない」をはじめ、「なさけないけどあきらめ ない」「ウェットな資本主義」「アハメドくんのいのちのリレー」 「希望」(東京書籍) など著書多数。
現在、諏訪中央病院名誉院長。

村上 信夫
村上 信夫
(むらかみ のぶお)

1953年、京都生まれ。
元NHKエグゼクティブアナウンサー。
2001年から11年に渡り、『ラジオビタミン』や
『鎌田實いのちの対話』など、
NHKラジオの「声」として活躍。
現在は、全国を講演で回り「嬉しい言葉の種まき」を
しながら、文化放送『日曜はがんばらない』
月刊『清流』連載対談などで、新たな境地を開いている。
各地で『ことば磨き塾』主宰。
http://murakaminobuo.com

番組へのメッセージをお待ちいたしております。 メールはコチラ:kamata@joqr.net

2022年1月26日

1月23日 第498回放送 

「伝えているつもりで伝わっていない」とか「伝わったかなぁと思ったら、実は、伝わ
っていなかった」など、これらはコミュニケーションにおける永遠の課題です。自分は
自分、他者は他者なので本当に分かり合えているのか?判断が難しいときがあります。
会話・文章・動作など様々ありますが、今回は『伝わるように伝える』がテーマです。

鎌田さんが7年間コメンテーターで出演していた日本テレビ系の夕方のニュース番組の
メインキャスター藤井貴彦アナウンサーがニュース番組で伝えるときの「ことば選び」
について、自らの想いを綴った本『伝える準備』を上梓しました。藤井さんが伝えるた
めにどれほどの周到な準備をし「伝わるアナウンス」になるかを伺うことができます。
藤井さんは27年間毎日「五行日記」をつけています。自分と向き合うことでその日の
ストレスをリセット出来るのと、書くことでクールダウンし、次への準備に移ります。
出来事の記録は「未来の自分への贈り物」であり、五行なので言葉を煮詰めていくので
「ひと手間かかった言葉」はとても愛おしいとか。愛用のボールペンで綴り書き直しが
出来ない緊張感が、言葉選びに役立ち「言い訳出来ない」伝え手としての訓練になる。
また、スタジオでは常に「この言葉は本当に届いているか?」と自らに問いかけながら
アナウンスをし、その時に大切にしているのは「たくさんの人の立場から言葉を選ぶ」
「批判することより励ますこと」そして「見栄えのいい言葉や鋭い批判だけが力を持つ
のではなく、相手を思い浮かべた言葉こそが届く」と藤井さんは信じているそうです。
◆お知らせ◆当番組は来る2月6日が「放送500回」を迎えます。節目に皆様からの
「番組の想い出」を募集しており、当日放送で採用された方には感謝状を贈呈します。



放送分を聴く<br />
放送日:2022年1月23日


« 1月16日 第497回放送  | メインに戻る | 1月30日 第499回放送  »