文化放送

鎌田實×村上信夫 日曜は頑張らない

鎌田 實
鎌田 實
(かまた みのる)

医師・作家。1948 年東京生まれ。
東京医科歯科大学医学部卒業。
37年間、医師として地域医療に携わり、チェルノブイリ、イラク、 東日本の被災地支援に取り組む。2009 年ベスト・ファーザー イエローリボン賞(学術・文化部門)受賞。2011年日本放送協会 放送文化賞受賞。
ベストセラー「がんばらない」をはじめ、「なさけないけどあきらめ ない」「ウェットな資本主義」「アハメドくんのいのちのリレー」 「希望」(東京書籍) など著書多数。
現在、諏訪中央病院名誉院長。

村上 信夫
村上 信夫
(むらかみ のぶお)

1953年、京都生まれ。
元NHKエグゼクティブアナウンサー。
2001年から11年に渡り、『ラジオビタミン』や
『鎌田實いのちの対話』など、
NHKラジオの「声」として活躍。
現在は、全国を講演で回り「嬉しい言葉の種まき」を
しながら、文化放送『日曜はがんばらない』
月刊『清流』連載対談などで、新たな境地を開いている。
各地で『ことば磨き塾』主宰。
http://murakaminobuo.com

番組へのメッセージをお待ちいたしております。 メールはコチラ:kamata@joqr.net

2022年1月14日

1月9日 第496回放送 

年末年始の休暇を読書三昧で過ごした鎌田さん村上さんが『おススメの本』を案内する
特集ですが、今回は「その本を読まなくても著者の考えや主旨が伝わればいいなぁ」と
の思いで新刊・旧刊を織り交ぜ選んだ中から「内容を汲み取って」2人が紹介します。

村上さんの今年の指針は「丁寧に生きる」ですが、かくあるべしと確信したのが書家の
武田双雲さんの『丁寧道』です。双雲さんは書道家としての経験から「他人の評価を気
にしたり、自分の心が整っていなかったりすると筆も乱れ、何事もうまくいかない」と
気づいたそうです。そういったストレスから解放されるにはどうしたらいいのかを考え
心身ともに健康で余裕があって「機嫌がよい」状態を作ること。それには日常の動作一
つ一つに『丁寧』を意識するよう心がけそれを楽しむこと。名付けて『丁寧道』です。
丁寧とは「注意深く心が行き届くこと」それによりマイナスエネルギーを遮断出来る。
鎌田さんは、日本のホスピス医療の第一人者で、淀川キリスト教病院名誉ホスピス長・
相談役の柏木哲夫先生の20年前の本『癒しのユーモア』と新刊『老いを育む』です。
緩和ケアという死に直面する患者をみている現場で「ユーモアが必要とされる理由」と
多く方々を看取ったホスピス医柏木先生が到達した「老い」と「死」への眼差しです。
『ユダヤ人大富豪の教え』の著者で有名な本田健さんの『不安な時代をどう生きるか』
人間関係、お金、仕事、健康...様々な観点から「不安を解消させる術」を提言。不安は
「自分を守るためのボディーガード」と位置付け、それと付き合うような感覚を持てば
不安を感じることが少なくなるという。最後は生命学の提唱者で哲学者の森岡正博さん
『生まれてこないほうが良かったのか?』です。反「反出生主義」で誕生を肯定する。

放送分を聴く
放送日:2022年1月9日

« 1月2日 第495回放送  | メインに戻る | 1月16日 第497回放送  »